新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今更言っても仕方ありませんが。

東日本大震災が無ければ状況は随分変わった様に思います
リーフでフランスよりも10年前に原発の夜間電力有効活用によるEVシフトを打てたでしょう。

因みにAppleはIT的なOSやプラットフォーム、エコシステムの支配が唯一のアドバンテージで、ここしか無いと思ってます。

クルマは作りませんよ、Appleは。
日産は長期ビジョンとして2030年を見据えた戦略を発表しましたが、現時点での日産とテスラとの戦いは、「EVの日産vs.CASE(コネクト化・自動運転化・サービス化・EV化)のテスラ」となっており、2030年ビジョンにおいてもCASE全体を見据えた大戦略が提示できていないことが大きな問題であると思います。

テスラはEVですでに量産化・収益化を実現し、テクノロジー企業やクリーンエネルギーのエコシステム企業として株式市場から時価総額100兆円以上という高い評価を得ています。もっとも、テスラのEV車はすでに同時にCASE車でもあるのです。

10月26日にはアップルが2025年に完全自動運転をベースとするアップルカーを発売するというニュースが流れ同社の株価が大きく上昇、先週の11月24日には中国バイドゥが中国当局より自動運転タクシー事業で事業開始許認可取得、今後自動運転プラットフォームを海外のモビリティー運航者や自動車メーカーに輸出していく計画であることが明らかにされています。ファーウェイも先日One Platformという次世代自動車プラットフォームを発表しています。スマホの時代において、グレーターアメリカではアップル、グレーターチャイナではファーウェイが覇権を握っているように、2030年にはCASEのハードとしてのクルマやOS・プラットフォーム・エコシステムの覇権を両社がそれぞれの地域で握っているのかも知れません。

今回の日産の長期ビジョンの目標年度である2030年どころか、「2025年(遅くとも2027年)での次世代自動車産業戦いの構図」が、CASEでのプラットフォーム・エコシステムを巡る戦いであると予想されるなか、日産がハードとしてのEV車を中核とする長期ビジョンしか打ち出せなかったのは、本当に残念なことだと思っています。

「メガトレンドを掴む×人々の価値観の変化を掴む×大胆なビジョンと迅速な行動で対応する」。企業には、メガトレンドを掴み、人々の価値観の変化を掴み、それらに大胆なビジョンと迅速な行動で対応することが求められています。
未完成のものを出すことは、問題ではありません。
Teslaでも全く同じでした。

その後、分岐点になったのは、「市場がほしいものを作ることに注力した」か、「自社製品を改善していったか」の差ではないうでしょうか?

Teslaの基本戦略は「ユーザーがEVを買わない理由を潰していった」ということです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
日産がリーフを次世代の主力車種と位置付けて、常に性能アップデートし続けていたらEPA航続距離500kmを達成していたら、テスラやBYDのようにBEV主流となっている自動車業界をリードしていましたね!
日産は初代リーフを未完成品だったと認めるべきです。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.61 兆円

業績