新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NPのYamadaさんが引用した情報では、警戒して事態を見守るべきとしています。一番の問題は感染力のようですが、現時点のWHOの見解はパニックを誘う内容ではありません。以下要約。

2021年11月26日、WHOはウイルス進化に関する技術諮問グループ の助言を受けてオミクロンという名前の懸念のある変異株に指定した。

伝染性:デルタを含む他の変種と比較して、オミクロンが伝染性が高いかどうかはまだ明らかではない。この変異の影響を受けた南アフリカの地域では、陽性と判定された人の数が増えているが、それがオミクロンまたは他の要因によるものかどうかを理解するための疫学研究が進行中である。

病気の重症度:オミクロンによる感染が、デルタを含む他の亜種による感染と比較して、より重篤な疾患を引き起こすかどうかはまだ明らかではない。予備的データによると、南アフリカでは入院率が上昇していることが示唆されているが、オミクロンによる特定の感染の結果ではなく、感染する人の総数が増加していることが原因である可能性がある。現在、オミクロンに関連する症状が他の変異体とは異なることを示唆する情報はない。最初に報告された感染症は若い人の間だが、オミクロン変異体の重症度のレベルを理解するには数日から数週間かかる。デルタ変異体を含むすべての変異体は、重篤な疾患または死亡を引き起こす可能性がある。

以前の新型コロナウイルスの免疫:予備的な証拠は、オミクロンによる再感染のリスクが高い可能性があることを示唆しているが、情報は限られている。(過去に感染していてもオミクロン株にまた感染する可能性あり)

ワクチンの有効性:WHOは製薬企業と協力している。ワクチンは、デルタに対するものを含め重篤な疾患と死亡を減らすために重要で、現在のワクチンは重度の病気や死に対して引き続き有効と考える。

現在の検査の有効性:PCR検査は、オミクロンによる感染を含む感染を検出している。

重症者管理の有効性:コルチコステロイドとIL6受容体遮断薬は、重度のCOVID-19患者の管理に引き続き有効。

人々に推奨される行動:他の人から少なくとも1メートルの物理的距離を保つ、フィット感のあるマスクを着用する、換気を改善するために窓を開ける、換気の悪い場所や混雑した場所は避ける、手を清潔に保つ、順番が来たらワクチンを接種するなど。
アメリカのファウチ博士は、メディアのインタビューで「米国内への流入は避けられない」と述べたとのこと。一方でロックダウンまでは時期尚早との認識です。感染力が強いが、重症化率はわからないということが、今のところの共通認識ではないでしょうか。当面は接種率をあげ、マスク、手洗いの改めての徹底を意識したいです。
軽症者が多いので心配無用ではないかという指摘があるが、感染力が強ければ結局大人数に感染することで分母が増えて重症者も増える。何しろ詳細が分かるまでにまだ時間を要するので、水際対策を徹底すること自体は必須でやむを得ないだろう。
オミクロンのベースとなってるベータ、デルタいずれもmRNAワクチンのブースターガ有効だとわかっているので、ブースターを8か月後と言わず早めに普及させるのが最善策かと。これから8か月後だと間に合わないかもね。

Safety and immunogenicity of SARS-CoV-2 variant mRNA vaccine boosters in healthy adults: an interim analysis
https://www.nature.com/articles/s41591-021-01527-y
「冷静に対策を」と言いながら外国人の受け入れ禁止を称賛する人はもはや冷静ではない。「まだ慌てるような時間じゃない」という感覚です。
すでにカナダでも症例が見つかったと。感染力強いのは間違いなさそうですね。
日本の水際対策がどの程度機能するのか、注目。
今のところ、重症化リスクではなく感染拡大リスクというところですか…。

これで済めばいいのですが、重症化リスクが高くなると大変です。
ついにWHOが声明を発表!オミクロン株は非常にリスクが高い。
最重要はワクチン接種者の重症化リスク、その一点のみ。

もし従前の型からの有意差がないなら、鎖国は即中止にする、エビデンスに基づく意思決定をして欲しいです。

オールドメディアはコロナボーナスタイム再来と、煽り報道バイアスがあるため、全く信用してません
オミクロン株に感染した患者の症状は軽い
https://news.yahoo.co.jp/articles/927f6164bd21bd04990e447f8aceadb0edb77203

「オミクロン株に感染した患者の症状は軽く重篤な患者はいないのでパニックになる理由はない
メディアや世界各国は過大な虚像を作り上げておりわれわれの臨床に基づいた実像とかけ離れている」