新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事に求められる能力は、サマザマ。

記事中に「仕事ができない人の特徴」が挙げられているけど、コレもそもそもナンセンスである。どんな仕事をするかによって、その求められる能力は変わるのだから。

ノーベル賞を受賞した湯川秀樹さんは、そーとー変わり者だったらしい。一緒に歩いている時、急に立ち止まり、何かが閃いたのか、突然1人で考え込み始めたという。この話を聞かせてくれたのは、東大名誉教授も務めた宇沢弘文さんだった。

弘文さんによると「一般の社会では、とても順応できる人ではなかった」というニュアンスの興味深い話だった。

スペシャリストは、その分野に特化した能力を持ち合わせていれば、一般社会のジョーシキから多少逸脱していてもかまわないと思う。世の中の慣習や制度やルールを無視してでも、他の人にはできない実績を積み上げればいいのだ。

ま、コレは極端な話かも知れないが、働く人すべてが、適材適所、それぞれの持てる力を最大限に発揮できる居場所を見つければいいのだ。その人を求める職場は、必ずあるはずだ。

まして高学歴ウンヌンは、もはや一部の職場でしか通用しない、使い古されてほぼ役に立たない評価基準だ。そんなものに未だに頼っている企業は、この先生き残れないのではないか。
頭がいいって何?

高学歴のことをそう言うのであれば、できる仕事は限られますよね。つまり高学歴で仕事ができる人になるためには。

課題が明確で正解がある仕事は得意ですよね。しかし、実際の仕事は問題発見力や課題設定力が求められ、しかも正解がない。

固定観念にとらわれて、思考停止になりたくなかったら、高学歴だから仕事ができるという決めつけはやめましょう。
学歴と仕事を結びつけるのが誤りです。

学部レベルの学歴は人や社会との関係性が問われないのに対し、仕事では人と社会との関係性構築が重要なので、評価している軸が異なります。

学修歴を評価する動きもありますが、それは学修したスキルが発揮されることの期待の高さであり、仕事ができそうという程度のものです。
残念ながらスキルがどのように発揮されるかは見てみないとわかりません。
【学歴と仕事】
大学で教えてもらう授業内容に大差は無いと思うので、違いは環境と同級生の質だと思います。それが所謂“優秀”とされる学校の方が比較的良い可能性が高いだけで、学歴はあまり関係ない気がします。更には、個人のモチベーションでどうにでもなります。

学校は「学び方を学ぶ」ところだと思っています。
教科レベルでしか考えられないと「学校で学んだ事は社会で役に立たない」という議論になってしまう気がします。