新着Pick
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メリケン大学工学部の先生はTHEランキングはほぼ無視しますねぇ、英国・欧州優先がtoo obvious なので(と、メリケン人には見えるので) アジア(主に中国)からの留学生を米国大と取り合っている欧州大による、毎年のマーケティングキャンペーン位に考えてますよ

っていうぐらいの方がよいのではないのでしょうか、ニホンの方々も

あ、ランキングはずっとよくなると思いますよ、エイゴと留学生改善するだけで

あと、コレ↓は読者の方々に誤解を招くかもですねぇ、メリケン大での高い「自由度」は、研究$$競争 (特に医・工系では)に生き残った一部の研究者のみが獲得できるもの、という事を書かないと 例えば、 うちの学科の博士課程の学生さんは、tenure-track faculty のキャリアパスの事をよく、cut-throat environment と呼びますよ (油断してると喉を切り裂かれる位キビシイ環境という意味)、最近は結構手厚くサポートするんですが、それでも

「2021年のノーベル物理学賞受賞者の真鍋淑郎博士が、日本の全盛時代にも日本の大学に戻らず、アメリカで研究を続けたのは、研究の自由度での日米の違いによる。」

追記
あと、韓国との違いはなぜか、とのご指摘を見かけましたが、理由は国内大教員数におけるメリケン大学PhDの割合の差、だと思いますよ
追記オワリ
シンガポールが広義の中国と分類されていますが…… 根拠を聞きたいところです。華人が多いから中国に入れてしまうという発想だと、同意しかねるところです。(他の理由だったとしても、かなりの根拠が必要かと)
人文社会系の博士課程1年生です。昨年度は学振のDC1に落ちてしまいましたが、今年度DC2に採用内定頂き、来年度からなんとかお給料を頂きながら研究ができそうです(本当にありがたい…)。

学振は大学院生にとって1番ベーシックな研究費ですが、昨年度と今年度次々と大学生への返済不要の研究補助費(生活費含む)が発表され、大学院生の待遇は少しずつではありますが、よくなっていると思います(参考までにURL貼っておきます)。

科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業
https://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/fellowship/index.htm

次世代研究者挑戦的研究プログラム
https://www.jst.go.jp/jisedai/

ただ、記事には問題は研究費のことだけではないとあります(下記引用部分)。「自由度」という話をしていますが、結局研究者が自由に研究できるかどうかは研究費次第なのではないかなあと思います(研究費がありながら自由に研究できないってどういう状況だろう…?)。

(ぼくは院生の話しかしていないのであくまで参考程度に…)。

"「高度教育力」を決めるものは何だろうか?研究費は重要だが、それだけでない。大学の状況は、決して大学に割り振られる予算額だけで決まるのではない。研究が自由にできることこそ重要だ。"
よく日本は科学技術研究費がアメリカより一桁低いと言われますが、高等教育のランキングも同じ傾向ですね。自ら未来を作り出す力が足りないわけです。10兆円基金も一桁少ないのですが、ないよりマシ…ため息が出ますね。
簡単に言えば、日本全体が茹でガエルと言いたいのですね。
→気持ちは分かります

でも茹でガエルのまま天寿を全うできる人は幸せだとも言えます。
全く同感。『大学の状況は、決して大学に割り振られる予算額だけで決まるのではない。研究が自由にできることこそ重要だ。』

私が、大学が好きな理由は、自由研究をする場所として作られたから。今それが危ういのが危うい。
大局的には直接お金にならない役に立つように見えない基礎科学研究の頂にいるノーベル賞受賞者やブレイクスルー賞受賞者の数と受賞者の研究分野の幅がその国の本当の教育力につながっていると思いますね。また自国の言語で科学研究を推進できるかどうか、科学を学べるかどうかも重要な指標だと思います。そういう人材を育てるためには国民の理解(≒成熟度)が必要ですし。成熟度と教育は切り離しては語れません。海外有名大に何人送り込んだとかそういうのは数年という短期的なスパンで成果が出るような問題であり、ある程度正解が分かってしまっているので教育力指標としてあっても良いけど表面的だと思います。
この前、鹿児島の維新の志士たちの銅像を見て思いました。思い切った改変が必要なのでは、、と
#キャリアコンサルタント
【国際】某ディスカウントショップのような名前の某国際情報通Pickerが「中国の情報機関がシンガポールを支配している」という趣旨のことを書いているけれども、その根拠をうかがいたいところですな。きっと「友達の諜報員が〜」みたいなことを言い出すのだろうけど、この人の言うことはいつも信憑性に欠けるので簡単に信じることはできない。
とりあえず、大人の学問・学習への態度を改めようか。
関連記事一覧
中国が「ゆとり教育」に突き進むワケ、塾禁止・宿題軽減に不安も続出
Diamond Online
271Picks

職場の問題解決に必要なのは、上司の「聞く力」と「共感力」
ライフハッカー[日本版]
213Picks

いま日本の「英語教育」に訪れている大きな危機…「4技能」試験見送りはなぜ問題か?
マネー現代
193Picks

「学校は午前中だけで十分だ」教育の専門家がそう力説する納得の理由 - 1日中先生の話を聞く授業は不要
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
5Picks

学校での外部専門家「教育課程に位置付け必要」 中教審部会
教育新聞
4Picks

なぜ教員を辞めてマイクロソフトに? ~教育業界を変えるために選んだキャリア~
TECH+
3Picks

自分を責めないように「毎日100点なんて無理」とあえて掲げる 教育系YouTuberが考える、自分でキャリアをつくる思考法
ログミー
3Picks

コロナで夫が廃業した35歳女性、幼い子ども2人の教育資金と老後はどうなる? - お金持ちになれる人、貧乏になる人の家計簿 深野康彦
Diamond Online
3Picks

1〜2年目の「大人たちから叩かれた経験」が逆によかった 教育YouTuberの第一人者が語る、“キャリア変革”に必要な力
ログミー
2Picks

小川校長に功労者表彰 教育振興、聖ステパノ学園で25年   大磯町・二宮町・中井町
タウンニュース
2Picks