新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
有料記事なので読んでませんが。

ドアキー?
違うでしょ。

今やクルマのキーは皆イモビライザーによる認証が通らないとエンジンが掛からない。
鍵の溝を合わせるだけでは、ドアを開ける事しかできない。

このイモビライザーの認証キーは、通常物理的な鍵の中に埋め込まれていました。鍵のスタティックな電気的応答信号を、車体側のECUとペアリングする事で認証していた。

このイモビライザー認証キーを、データ上のトークンとして扱う様にして他のデバイスでも認証できるようにしたのがデジタルキー。

当然ながら、このトークンをどう管理するのか、が重要。
今までは物理キーと車体ECU間だけでペアになっていれば良かった。

デジタルキーでは、この機能を使う車体のトークンを全て自動車メーカーの管理システムにてリアルタイムで管理しなければならない。
当然ながら、サイバーイシューによるトークン流出や乗っ取りのリスクもあるし、デジタルキーへのトークン受渡に通信を使うので、通信障害やシステムダウン時の動作保証をどうするのか、と言うところも課題。

タイヘンですよ、結構。

こんな事言うと怒られますが。
私はその利便性向上とリスクを比較したら、デジタルキーなんて全然要らないです。
もう10年以上前ですねぇ、東海岸の大都市の名前のついた新聞社からこの件で電話取材お受けした時、「なんでそんな事したいのか解らない、だってsecurity とか reliabilityとか maintenance とかブツブツ。。。」って言ったら、記事に載せて貰えませんでしたねぇ 新聞社としては、「スゴく便利な未来」っぽい話でまとめたかったようだったので 今は進歩したんですかねぇ

あ、鈴木のおっしゃってる、始動キーのハナシです
一足飛びにスマホに行ってもこないだのテスラの障害みたいなことも起こるわけで、、、システムに冗長性を持たせるためには物理キーも必要なのでは、とは思う。
ユーザーに注意喚起する強制力を持たせるため、スマホの音量を最大にしなければならないとか使用上の制限があると使いにくくなります。

スマホはクルマの鍵ではなく、個人の情報端末です。

例えば、スマホは鍵の代わりではなく、多要素認証デバイスとしての役割に制限して、鍵は自動車の方から能動的に解錠・施錠して欲しいと思いました。

車の中にAI番人がいるイメージで、スマホのバイオ認証で本人確認して、その当人が鍵を開け閉めする資格があるか、別途クラウド技術で認可を伝達させるアーキテクチャです。

物理的なスマートキーの機能要件(例えば長押しした時の振る舞いや多様なルール)から脱却しなければ実現できないので、更なる変革が進むことを期待したいです。

あと、バーチャル鍵をコントロールするアプリケーション開発ができる(許す)仕組みは素晴らしいですが、API公開にあたってのセキュリティ施策の大部分を アプリ側に委ねる(不完全さや価値観の競合を含む規約を押し付ける)のではなく、もっとモダンで強いセキュリティ技術をプラットフォーム側 一極で担ってもらえるなら、全体として一層安心できる構成にできるのかと思いました。

サービスのコンセプトは 夢あります。
今後の躍進に注目したいです。
金庫の鍵、家のドアの鍵、クルマの鍵…守るべき資産の価値により、鍵に求められるものが変わりますよね。

これまで、クルマは「高価な個人資産」だったので、メカニカルキーが必須でしたが、今後「シェアされる共有資産、もしくはサービス提供企業の資産」となると、セキュリティと運用負荷・コストとのバランスが変わるかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません