新着Pick

相手に伝わる説明のコツ「いきなり始めてはいけない」ことは?

ライフハッカー[日本版]
『ビジネス数学の第一人者が教える 史上最高にわかりやすい説明術』(深沢真太郎 著、秀和システム )より、相手に伝わる説明のコツを解説します。
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
既に説明するタイミングから、聞いている側もベースとして同じ土台にいると思いがちで話をスタートしてしまうと、全く最後まで分かり合えなかったということになってしまいますね。
専門用語や横文字が多くなってはいないか、相手がベースとして持っている知識がどの状態であるかは、興味がどこにあるか、都度都度話の中で今の問いかけは伝わっているのか、確認することが必要です。心がけていますのは、自分の説明したことに対するフィードバックをよく分析しています。
話し方やコンテンツなど含めて正直なフィードバックがまさに理解されたかどうかに映ります。
説明をする際の大前提は、自分がその内容について自分ごととして理解していることが大前提。準備する時間も与えられず、説明を求められ、グダグダになったこともありました、、
#キャリアコンサルタント
とてもよかった。自分のお話を聞いてもらうにはより大きく想像力を働かせる必要がありますね!
「説明する側」は、それを聞く人の心理状態を理解しないといけない、というのは当たり前のことだが、できていない人が非常に多いと感じる。そこの乖離を埋めるのは、説明する側がやらなくてはならないこと。特に説明側が上位にいるような態度をとってはならない。