新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会経済のデジタル化が進むのに伴い、様々な「人間の活動ログ」が蓄積され、分析可能になってきたということが背景で、公的統計や行政記録情報に基づくデータを補完するものとしてオルタナティブデータが生まれてきました。そのデータを統計として利用する枠組みが整備されてきた結果、記事のタイトルにあるような現象が起きています。「主役交代」という表現はともかく、政策(EBPM)や企業の戦略、個人レベルの意思決定に使えるデータはますます多様になり、本当の意味でのデータドリブンな社会が出現しつつあります。