新着Pick
1399Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
22歳から60歳まで見ていて、1番のリスクは、若いうちにマネジメントにつき、組織と人のマネジメントだけ磨きあがり、ジョブのマネジメントが鈍化していくこと。優秀なプレーヤーの上で成り立つマネジメントに胡座をかくこと。

優秀なプレーヤーは上司に多くを求めず、自立して自律しているため余計に拍車がかかる。

ポストオフされた瞬間に稼げない、アドバリューしないひとにならないよう役職にあぐらかかず、マネジメントと対で自分は何ができる人かを追求し続けることだ。
年収800万円以上の人の、職務経歴書に書かれていたスキルと経験とは? そこから見えてきたのは、事業のプロセスを一貫して見る力、部下や組織をマネジメントする力などなど。

やはり現在の日本では、何かの専門性に秀でたスペシャリストは、さほど評価されないのでしょうか。

しかし、マネジメントタイプ、プロフェッショナルタイプ、いずれも論者である、パーソルの正能さんが言う通り、「課題を解決するから価値がある」のは確かだと日々の仕事を通して痛感しています。とはいえ、スペシャリストを軽視する企業は、いずれ大きなしっぺ返しを食らうと思いますが、笑。

商社とメディア、コンサル。事業会社のエンジニアと、Slerのエンジニアなど、どっちが、より「年収が高いワークタグ(経験とスキル)」が得やすいのか?についても、データを基に検証しています。

いずれにしても、経験は与えられるものばかりではありません。自ら積極的に、取りに行くくらいの覚悟を持ちたいものです。
残念ながら日本で年収800万円以上行くには、スキルや経験よりも、どの会社に入ったかの方が重要な気がします。
総合職であれば、スキルや経験の違いがあっても、そこまで大きな給料の差はありませんから。
「稼げるタグ」が多いだけでは稼げるようにならないと思います。大切なのは、そのタグがどれだけ経験に裏打ちされて使いこなせるようになっているか。
今まではマネジメント能力が高く評価されてきましたが、クリエーターズ・エコノミーが出てくるくらいなので、より創造性など専門性が評価されるのではと思ってます。人と違うものを身につけることが重要なので、自分の感性を大切にしましょう。
新卒でどっちの会社に行くと、30歳になった時に稼げる大人になれるのか?

私がパーソルでやっている「サラリーズ」というサービスの持つ、100万件以上のキャリアデータをもとに、解説させていただきました✨

コンサルが想像以上に強くて、びっくりしたり。商社が意外と?と思ったり。

自分たちのデータなのに、この目線で分析したことはなかったので、めちゃくちゃ面白かったです!
商社のタグの無さがすごいです、「予算」だけが強い…
商社を検討しているとしたらこれを読んだらだいぶ考えるでしょうね
非常に面白い分析だと思いますが、若者にはこういった損得の観点だけでなくパッションで職業を選んでほしいなあ。
800万円以上とあるので上がどの程度まで広がってかは分かりませんが、仮に800万円近傍が多ければ、先進諸国の中で高収入ともいえぬはず。そうした層で戦略、策定、部下、推進といったキーワードが並ぶとしたら、記事の趣旨とは離れるけれど、日本の低賃金振りを表しているようでなんだか寂しくなって来る・・・ (・・;
新卒からこれまでずっとコンサル業界(ずっと日系のコンサル会社)で仕事してますが、いずれのタグも多かれ少なかれクライアントワークとして経験するので、タグ付けるだけならつけられます。ただし、タグがついたから顧客やチームが求めるレベルのスキルがあるかというとそれは別の話。明確に成果が計りにくいところではありますが、
「価値や課題を定義できる人」
はこれから先も重要な要素だと思います。タグとして「価値共有」が出てきてもいいのかも、と思ったりもします。

最近、お客様と話をしていても、定年退職後もシニア人材として働き続ける人や、ジョブ型雇用で短期的にプロジェクトに参画する人材、それから新卒の人材と、同じ組織の中でも経験や価値観が異なる人と協働することが徐々に増えており、「価値観が合わず、コミュニケーションが難しくなっている」というお声を聞きます。70歳近い方と新卒の方が隣同士で働くわけなので、双方の価値観や課題感を言語化できる、「すり合わせできる」能力は縁の下の力持ち的に必要とされると思います。
自分のキャリアを考える際に「ワークタグ」としてスキルを小分けにして考えるの、とても良いですね!

学生がキャリアを描くとき、漠然と年収やこんな働き方…などとかなり解像度が低い状態で業界や業種を選んでしまうと思います。

その中で具体的にこんなことをする、という自分の提供価値までしっかり想定するのは大切だなと…。

一方で、このワークタグは「いま」稼げているワークタグであり、10年後、20年後通用するのか、あるいはZ世代の価値観変化に基づけば「稼げる」だけがインセンティブにならないのでは?とも思います。

先を見通し、自分の価値観を問いながら「10年、20年後に活躍できる」ワークタグを見つける…これまた難題が降ってきたな…笑 という感想です。
この連載について
22年卒、23年卒、24年卒などZ世代の就活に、革新的な変化が起きている。コロナの感染拡大によるオンライン採用が定着や、学生のキャリア観の変化、“就活テック“が台頭しエントリーシートや、面接の口コミ評価などが出回るようになったことなどにより、Z世代の就活はどう変わるのか? 豊富な取材から導き出す。