2021/11/25

​​【衝撃データ】年収800万円以上の人の「スキルと経験」BEST 20 

JobPicks編集長/NewsPicks副編集長
就活生が会社や仕事を選ぶ上で、昔も今も、重要な要素であり続けるのが「給料」だ。
もっとも、会社員の給料平均は日本経済の停滞により伸び悩み、成長業種と斜陽業種の賃金差は開いている。
今後は、ジョブ型雇用の導入などにより、同じ企業に勤める人の間でも給料格差は広がっていくだろう。
では、給料が高い人とそうではない人の差は何か? それは、「ワークタグ」つまり「仕事に限らず、人生においてやってきた経験とそこから得たスキル」によるものではないか──。
NewsPicksはパーソルキャリア「サラリーズ」の協力を得て、同社が蓄積した100万人以上の勤労者の職務経歴書から見えてきた「年収800万円以上の人のワークタグ」を緊急入手。
どのような経験をしてきた人が高給を得ているのかを明らかにするとともに、商社、メディア、コンサルなど業種別に「稼げるワークタグ」が得やすい環境かどうかを、比較・検証する。