新着Pick
681Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本稿はZ世代のインターン記者の鈴木さん、平瀬さんの2人に企画から取材、執筆まで主導してもらったのですが、「就活の噂」を検証したいというその「噂」の中身が、丸っきり1つの会社にずっといる前提ではないことに驚きました、笑。

つまり最初の会社で、いかに成長し、汎用性のあるスキルを身につけられるか、を会社選び、仕事選びで、最重要視しているのです。

実際彼ら彼女らのような学生は、長期インターンなどで即戦力となる力を身につけている人も多い。このような流れが加速すれば、今後採用は新卒、中途の区別はどんどんボーダレスになるのではないでしょうか。
冒頭でベンチャー企業とは何かの定義をしないと、その後の議論が空転してよくわかりません。

個人的なおすすめとしては、自分自身の目線を上げるために、ピア(同僚)が優秀でリスクテイカーが揃った会社に行くというものです。だって、一兵卒として大企業に行ってもベンチャー(メガベンチャーとアーリーの両サイドを含む)に行っても経済的に定年前に上がることはできないので、どこかでキャリアのリスクをとって勝負する必要がありますから、良いリスクの取り方や時流の見極め方を学べる職場が良いです。
業界No1の売上の企業のマーケティングをやっていたときに『市場成長が踊り場を迎えている。これは僕らの責任が大きいですね』と投げかけたら『なんで?市場は勝手に踊り場にいるだけでしょ』と上司に返されたことがあります。リーディングカンパニーとしての巨大市場を引っ張れる立ち位置にいるのに、当事者意識が希薄でもったいないなと思いました。一方で、今いるメタバース業界は、それぞれ方向性の違いはあれど、各プレイヤーが全社『私たちが盛り上げるんだ』という自負があるように感じます。そういった意識の違いこそが、身につけるスキルを養うのだと思うので、環境に左右されずに、常に前を向いて自分を主役に高い視座でい続けることが、バリューを上げるのに大事なことだと感じます。
本記事にある、「結局は人次第」というところは本当にその通りだと思います。

今年就活をしましたが、同様のことはいわゆる「学歴フィルター」「所属学部」でも言えると思います。

実際僕が大学の学部選択の時は、経済はつぶしが利くから経済にすればとよく周りから言われました。ただ内定企業の所属大学、学部を見てみると、本当に多様で改めて人次第ということを実感しました。

そのように考えると、「どこに所属している人か」ではなく「何をした人か」という問いに答えられるような社会人生活を送りたいと思えます。
就活をまだしてない自分からするとこのような記事はすごいありがたいなと感じます。

このような就活の噂が広まり、就活生の意思決定に大きな影響を及ぼしているのは、z世代の人たちが絶対的な正解の選択肢を求めているからなのではないかと思ってます。僕含めz世代はネットで検索をする事でほとんどの物事に対して正解を知る事が出来ます。なので、基本的に何かの選択をする時は自分で考えるというよりはネットで検索して正解を探そうとしてしまいます。
この現象が就活で起きていて、新卒では大企業、営業やコンサルはつぶしが利くなど多くの人が言っていて正解と思えるような情報に影響される人が多いのではないでしょうか。

噂に惑わされず「こんな大人になりたい」という理想像から逆算して、今この選択にどんな意味があるのかを考えて意思決定する これは大切だと思います。(自分への戒めも込めて)
「就職活動」は情報戦、その意味が大きく変わりつつありますね…。

もともとは選考の時期や中身、どんな質問が出たかや使用するウェブテストは何か…といったことがメインでしたが、

それ以上に「どんな事業を行っていて」「どんなキャリアパスが存在していて」といった実際の「働く」ことまで解像度高く持って就職活動をする必要が出てくるのかもしれません。

ただでさえ就活直前にポートフォリオを決め受かった会社に入ってしまう…という方が多い中で、いかにこの情報収集を効率的にできるか、そのサポート役も求められているのでは? と就活直前の2年生は思いました。
自分のキャリアに希少価値(他者との差別化要因)をつけていくことを考えると、採用人数の少ないベンチャーに行けるならその方が良いと思います。また、大企業でもベンチャーでもその企業が何十年もトップでいられる時代ではないので、転職は必須です。転職する際に自分の実績・強みはこうと履歴書に書けるように、キャリアを積むことが大事です。
噂③で挙げられていた「営業・コンサルはつぶしが利く」ことは周りの友達から多く耳にします。それを聞くと、モラトリアム期間の延長のように感じてしまいます。じゃあ逆に何を軸に判断すればいいか、もイマイチ分からないというのが正直な気持ちです。
この話は大学生だけにはもったいないです。
30代くらいまでの勤め人にも、ぜひ、読んでいただきたい話です。

後半に出てくる「動詞で考える」は、仕事だけでなくキャリアを考える上でも、とても重要なことですが、どうしても抽象的な名詞で理解したつもりになってしまいます。
動詞にこそ個性が宿ります。
"企業から提供される情報は、「学生向けに編集された情報」に偏っている"

なるほど、おふたりの話から一貫して結局は一般法則みたいなものはなく、人次第、企業次第と感じました。だから、重要なのは情報の取り方で、企業発以外の情報も合わせて取っていく必要あるなあと感じました!当然のことかもしれませんが…
この連載について
22年卒、23年卒、24年卒などZ世代の就活に、革新的な変化が起きている。コロナの感染拡大によるオンライン採用が定着や、学生のキャリア観の変化、“就活テック“が台頭しエントリーシートや、面接の口コミ評価などが出回るようになったことなどにより、Z世代の就活はどう変わるのか? 豊富な取材から導き出す。