新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営者は、バランス感覚がいい。

はずだ。入ってくるお金より、出ていくお金をいかに少なくするかを考えている。なので、スタートアップで売り上げがほぼないなら、当然最低限の環境で耐え忍ぶべきだ。また、最低限の環境でも、そのビジネスの可能性に共感するメンバーを集めることも大切だ。

因みに、徳島という地方都市、そして40年前という時代を考慮しても、ボクが始めた事務所兼ネグラは、四畳半一間、畳敷き、裸電球1つ、共同トイレ風呂なし、家賃4,000円のボロアパートだった(日額ではない、月額だ)。

それでも人は集まってきたし、軌道に乗れば乗るほど人数も増え、毎年のように引っ越しをし続けた。そして最終的には自社ビル、無借金を達成した。

「身の丈」という言葉がある。身の丈に合った経営をするのが、経営者の仕事だ。ミエッパリは、だいたいの場合、会社を潰す。
コストを抑える部分は抑えつつ、スピードと実行力で結果を出すには、リモートにせよシェアオフィスにせよ何に優先順位を置くかが大事。それでいうとオフィスは会社や経営者の色が出ますね。うちは狭くて古いオフィスですが、メタバース上の自社オフィスは広くて過ごしやすいですw
スタートアップは創業からIPOまでに何度かオフィス移転すると思いますが、その際の費用がざっくりとまとまっています。うちはここに投資した、こういうところで費用を削減したなども事例も知りたいですよね。
費用に加え、どこに移転すべきかなど諸々を検討する時間も発生するので馬鹿にならないコストですよね。
そして都心の一等地であればコストも跳ね上がる…。

オフィスをある程度の規模に縮小し、リモート側でも円滑なコミュニケーションが行えるよう整備する方がレバレッジがかかりやすいのかもしれません。