新着Pick
195Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカ在住10年の経験から言えることは、アメリカは極端すぎる傾向はあります。NYやカリフォルニアなど東海岸と西海岸の人達は、冷静に物事を見る傾向にありますが、内陸に行けば行くほど、良くも悪くもナショナリズムが強い傾向にあります。だから、国が断裂しやすいとも言えます。

日本がバブル全盛期の頃、日本企業メーカーの家電や自動車が、アメリカで急激に増え、アメリカの不動産を買い始め、ある意味アメリカ人は、日本への恐怖を感じている時期でした。当時、TVである政治家が、日本のビジネスがアメリカ企業のビジネスを奪っていると訴えながら、日本メーカーの家電をハンマーで壊しているシーンを見て、衝撃的だったのを思い出します。メディアは、この政治家の暴力的な行動を全く非難せず、日本ビジネスが侵食していると政治家も訴えたと正論的に伝えていました。

子供の一番の死因は、銃撃によるものだというアメリカ。自由の国で素晴らしいところがたくさんあり、私自身も10年在住で多くのことをアメリカから学びました。世界経済大国一位であるアメリカだからこそ、暴力的な言動を排除し、世界的リーダーとして平和に解決して欲しいと思います。
ほんとうは対外的に暴力主義を多くのアメリカ国民が認めてきましたが、
国内でも暴力主義をやるか、今はアメリカ国民に問われています。
べつに暴力主義を言わなくても毎年、数千人か数万人も銃口の前で死んでいます。これほど自国民が互いに殺しあう国は、ヨーロッパでは見ません。
議事堂襲撃に至るまで、人々の思想が暴力主義・過激的になった背景としてソーシャルメディアの普及も挙げられるでしょう。

Facebookが特に問題になっていますが、ユーザーの興味関心に合わせてアルゴリズムが情報を届けるSNSは、しばしば「分断」を生みます。例えば保守層のユーザーの好みを学習したSNSは、同じような保守的な考えを持った人達の主張しか表示されなくなります。その結果、自分達が大分偏った立場にいる事に気が付かず、あたかも自分が世の中の中立的な立場にいると勘違いしてしまいます。(フィルターバブル)

またフェイクニュースの存在がこの偏りを助長させてしまいます。過激的な内容を含む事が多いフェイクニュースの方が、正しいニュースよりも数倍早くSNS内広がりやすい事が研究で明らかになっています。これにより、より保守と革新の分断が強固なものになっています。

人々を繋げ私達の世界を広くしてくれるはずのソーシャルメディアは、実際には私達の世界を昔よりもずっと狭いものにしてしまっているのではないでしょうか。
地域によるので、少し違うとはおもいますねぇ、こうしたある特定の米人記者さんの目を通した報道(の翻訳)からの印象も、東西海岸の大都市にお住まいの(お住まいだった)ニホンの方々の印象も

ただ、記事にある問題が存在するのは同意です 自分がcolored だからですかねぇ、人種問題に根がある、と感じるのは
ソーシャルメディアが暴力的な発言の拡声器になり、感情を抑えられない幼児化を促進しています。
SNSを使った世論操作の一端を知るには、Netflixドキュメンタリーの『グレート・ハック:SNS史上最悪のスキャンダル』もおすすめです。

プロパガンダは、必ずしもマスに働きかける必要はなく、特定の「ツボを押す」ことで十分な効果を発揮してしまうところが怖いです。
民主党と共和党の分かりやすい対立が政治的な関心を高めている側面がある、的なニュースを見たことがあって、たしかに悪いことばかりではないのかも、と思いましたが、暴力を用いてでも相手を引きずり降ろそうとするのはさすがに引いちゃいます…
チュニジア、マリ、ミャンマー、、、などクーデターが相次ぐ昨今、国民の支持を得てのクーデターだったら問題ない、と正当化されてきている風潮が強く、これを分断と呼ぶのか緑の党の躍進含めた新しい時代となるのか、、、どちらにしても、軍事力を行使しての政権転覆を認める世界に進まないことを願います。