新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
決済手段(によって異なる実質的な決済手数料)に関わらず価格が一律であることが問題。
人気 Picker
AmazonはVisaの加盟店。シンガポールAmazonは8月、オーストラリアAmazonは9月に同様の通知を利用者にしています。Visaのインターチェンジ手数料の値上げが加盟店手数料(インターチェンジ+アクワイアラの手数料)の値上げになっている。

シンガポールとオーストラリアは0.5%のサーチャージを取ると通知しましたが、英国では利用停止にするとのこと。両国より厳しい措置です。

英国はこれまでEUに加盟していましがが、ブレグジットでインターチェンジ手数料の枠が外れました。VisaもMastercardも値上げを通達していましたが、クレジットカードのインターチェンジ手数料は0.3%から一気に1.5%へ引き上げられます。

Amazonの独自決済開発はさらに加速しそうです。
詳しくは
https://www.ncblibrary.com/posts/65558

https://www.ncblibrary.com/posts/59727
数年前にはCostcoが長年連れ添ったAmexを同じ理由で切りました。薄利で企業努力を続ける小売から見ると、クレジットカード会社が暴利を貪っている感は強いと思います。
ちなみに確かEconomist誌ではアダルトサイトの生死は当局ではなく、クレジットカードが使えるかどうかだという記事を載せていました。
日本では、三井住友カードが頑張ってくれている?ことで、VISA/Master の手数料はとても低いです。

お店によっては、JCBやAmexを使えないようにしているのは手数料の違い。

消費税やECサイトの手数料もそうですが、本来は消費者が負担すべき手数料です。
なんでもかんでもDX化が進むことで、供給者側ではどうしようもない外部システム手数料が過大にならない構造は社会的に必要だと考えます。

決済系会社が、寡占して手数料率をジワジワあげていくことを許していいものか悩ましい。
シンガポールでは既にAmazonはVisa決済にはユーザ側から外付け手数料を取っている、またそれゆえ他のカードに切り替えを強く勧める事としている。Visaもデカイ故直ちに公取マターにはならないというAmazonの読みなのだろうが、このわかりやすいユーザを人質に取った条件闘争はとかくユーザには不便。新任のうら若きカーン公取委員長はもともと対Amazon急先鋒で出世したんだから、いまこそ大岡裁きでも見せて頂きたいものだ。
つまり、「英国で発行されたVisaカードが英国のアマゾンで使えなくなる」ということですね。
 日本のVisaカードも使えなくなるのかと、読み直してしまいました。
前職がマスターカードだったので、本件への直接のコメントは差し控えますが、アマゾンとマスターカードの取組は海外はもちろん国内でも色々進化していますので、ご興味ある方はチェックしてみてください。
https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/amazon/index.jsp
これは、日本人ならば複数のクレジットカードを持っているのが当たり前なので、ピンとこないかもしれませんが、欧州やイギリスではクレジットカードは1枚という人も多いので、かなり大変なことですね…

追記
AmazonもVisaもある意味殿様商売の代表格。
ゴジラ対ヘドラみたいなものですね…
どっちもどっち
海外ではビザカードの手数料を巡って、過去加盟店連合と訴訟問題が起こるほど同社はガリバー的存在です。

日本はビザのプロバーカードがなく、三井住友がビザ(マスターも)と加盟店との基本規約を決めているので、手数料を巡って大きな問題が起きるケースは幸いにも少ないので有り難いです。
安価で勝負するAmazonとしては、手数料が高ければVISAを排除したくなります。

もっとも、これは表向きも理由で、Amazonマスターカードの普及を狙うという目的があるのかもしれません。

Amazonカードは、今月からゴールドカードを廃止して一本化を進めています。
カード事業の再編は、金融業への進出の足がかりのひとつかもしれません。
クレジットカードの手数料が高いのは確かに問題ですが、普通は怖くて喧嘩できません。
さすがアマゾンですね。ビザ扱い停止の決断は凄すぎます。
他のクレジットカード会社は怖くて値上げができなくなります。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
177 兆円

業績