新着Pick
57Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
在宅勤務というのは、社員の人が暮らす住環境、一緒にその住空間を仕事の時間共有している人が誰か、などにより本当に一人一人が多様な状況で働いているという想像力を忘れないようにしたいと改めて思った記事でした。

ただ、記事の最後にあった「出社回数や出社日を決めて、あとは在宅かオフィス勤務は各自の判断としましょう」というアドバイスについては、決してそれだけが最適解でははないのではないかと感じました。
会社としては出社について考える以外にも、様々な研修や制度を作り、社員のマインドセットの変化や会社風土醸成が出来るのではないでしょうか。
例えばメンタルヘルスとは何かというのを伝える研修をしたり、自分の不調などをいつでも相談できる環境を作ったり、バウンダリーの引き方(全てにYesと言わずに、自分が嫌なことにはNoと勇気を持っていったり、仕事の時間をしっかり区切るなど)の大切さを社員に伝えるなど・・・出社勤務日を決める以前に、できることがたくさんあるかと。

在宅勤務の社員のメンタルヘルスを考える経営者や人事の方は、改めて自分たちは社員にどんな風にあってほしいのかを言語化し、考え抜いた上で、研修や風土作り含めて出来うることを全て提供しながら、本当に社員に向き合うことが大切ではないかと個人的には思います。
なにをもってストレスを感じるかは人それぞれ。働き方により柔軟性をもたせることが危機に強い組織づくりに必要なことだと思います。これはコロナだけでなく災害時にも役立つ進化になるでしょう。
集中できる環境が無いとどんどん自己肯定感落ちます。

そこへの投資を惜しまないべきだと思います
ストレスの感じ方なんて千差万別。
慣れないかつ監視力の働かないテレワークの方がよりセルフマネージメントが重要となるという話なのかなと思います。
オフィスでも在宅でも、心理的安全性を阻害する要因があると、いい仕事はできないですね
#キャリアコンサルタント