新着Pick
431Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【言葉足らずにつき追記】まだ転職殆どなかった87年に転職、起業3回した身で、転職に反対しない。tamazono9さんの「『石の上にも3年』は、3年働けば分からなかった会社の良し悪しが分かり、語れる実績を残せる。」とのご説明通り、在籍が短過ぎると身のある経験になりにくい。

また、大眺むさんが言われるように、「マッキンゼーで2年と言われても、信用出来ない」と言われるのも然り。

ただ、これらは原則論につき、例外は幾らでもあることも承知。

(オリジナル)
転職回数は関係ないというが、関係ある。石の上にも三年、できれば5年はやらないとその仕事を本当に経験したと言えない。
短期間で転職を繰り返す人のなかにも優秀な人はいるだろうし、職種にも依るところも多い(手に職的なプロフェッショナルなら納得できる)だろうが、確率的には持続性がない、もしくは考えが浅い場合が多いと思う。話してみてその人なりのポリシーがあればもちろん面白いし、過去にそういう人に出会ったこともあるが履歴書で足切りするならどうしても確率論から落としてしまいますね。
あるクライアントでは、トップ指示で若手で転職三回以上は基本的にアウト、という基準になってたりもしましたし、そこまで明示していなくても全般的にそういう傾向はあるでしょうね
「転職回数多過ぎ」が有利か不利かで言うなら不利。ただ40近くなって転職歴ゼロだとそれはそれで順応性懸念。
転職回数多い人はとっても優秀か単に堪え性がないかのいずれかであることが多い。そこの見極めは出来ればデジタルに回数で切るより会ってみた方が良いと思う。書類上で見るのは転職理由と職の一貫性かな。
「転職回数の多寡で優秀さは決まらない。大切なのは転職理由とキャリアの軸である。」というのはテンプレだけど、そう簡単に割り切れないのが転職。最後は企業と自分のWill/Can/Mustがマッチするかどうかで決まる。
転職する人の方が自分の市場価値を見つめている傾向にあります。
良くないなと思いながらいつまでも同じ会社に残っている人は悪いけれど「判断能力がない」と思う。
でもね。
キャリアのことを扱うのに、転職経験あり、無職経験あり、外資系経験あり、日本型コテコテの組織経験あり、ベンチャー立ち上げ経験あり、上場前ベンチャー経験あり、フリーランス経験ありってのは歓迎されてもいいかと思ってる。
「無目的な」転職や「身勝手な理由での」転職は、不利です。企業にとって、採用は「投資」ですから、転職回数はボラティリティーの一種です。もちろん、頻繁な転職という「リスク」を打ち返す強い「リターン」が期待できる場合は採用の可能性は高いと思います。ただ、短期間での転職を繰り返している人の理由は、大概「身勝手」なものが多かった記憶があります。
2社、3社は分かるんですよね。能力志向と目的志向があるので、1社目でスキルもやりたいこともカバーできるってある意味稀ですから。1社目でスキル→2社目で本番か、1社目から本番か、1社目で本番やってだめで2社目でスキルで3社目で本番か。なので4社目です、という場合相当リスク高いすね。隣の芝生が青く見えるか、相当メンタルとかマインドに問題があるか。
頭の固いpickerが多いw在籍期間を気にする人は自分の経験を肯定したいだけ。1年で結果出せない人が3年で結果出せるとも思えない。職種によるとは思うけど、今どき何年も在籍しないとダメな匠の仕事って何かな?と。在籍期間短いと社内で出世的なポジション求めるのは難しい面もあるだろうから、その辺は場面によって使い分けりゃいいだけですよね。ただ実際の転職の場面でそういう頭の固い連中が多いのは事実。そんな会社行かなければ良いだけの話ですけどね。
僕にとって転職と異動は同じ。