新着Pick
483Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界のコンテンツ業界を驚かすビッグニュース。両社をつないだのは、7月にグーグルから移籍してきたニケシュ・アローラ氏とのこと。ハリウッドレポーター誌のスクープです。http://www.hollywoodreporter.com/news/source-dreamworks-animation-sale-talks-736164
土管としての規模競争は重要だが、その後はコンテンツが生き残りのキーということだろうか?YahooやAlibabaの持分多いだけ、世界のキャリアではSoftBankは優位だと思う。ただ生き残りやすい(事業分散してる)が、シナジーはあまり見えないんだよな…本件も同様。
<追記>やるならいっそアニメなど日系のコンテンツプロバイダーも気合入れて買収してほしい。キャリアとして世界的に広がってきていて、おまけにT-mobile買収しなかった資金がある。Disneyのマネタイズとかみると、日本のコンテンツ力はまだマネタイズ余地が大きいと思う。<追記終>
これはすごいニュースだな。最終的に通信だけじゃなくメディアコングロマリットを目指すのか。
ソフトバンク、どんどん事業領域を広げていくので、見ていて気持ちがいい。成功を祈ります。
さすがソフトウェアの銀行、ソフトバンク。通信はあくまでインフラに過ぎず、コンテンツイズキングだということを誰よりもわかってるんだろうな。
お〜っ、孫さん攻めるな〜 けど、この買収はいまいち戦略の意図が分からない。ドリームワースはグローバルでの配給網が無いのが欠点だから、ソニーとくっ付くのが良いと思う。アリババが買収するのも分かるけど、SoftBankはシナジーが遠いと思うな
もうこれ以上驚くニュースはないだろうというのを毎回覆してくれるソフトバンク
IM、コンテンツと違うレイヤーの話題がどんどん出てくるのは、デジタル領域全体の将来像を孫さんの頭のなかには描かれていてるのかという気にさせる
まあ買収資金はいくらでもあるからな
あくまでもうわさ。携帯キャリア(土管)から、コンテンツを保有する方向へも模索中の印象。

引用
CGアニメーション映画の先駆的存在で、ピクサー・アニメーションスタジオと並ぶ世界2大スタジオとして長年、映画業界で見られてきた。2013年の売上げは約7億ドル、純利益は5500万ドルである。

しかし、近年は、ピクサーのほか、グループ会社が同社と合併したディズニー・アニメーションスタジオや、イルミネーション・エンターテインメント、ブルー・スカイ・スタジオなどの勢いが増している。競争環境が激化している。自ら配給網を待たないことが弱点となり、2012年からは世界配給がこれまでのパラマウントから20世紀フォックスに変更された。
一作品あたりの製作予算が高いことから、ヒット作が多いにも関わらず期待値に届かないことが増えている。2014年の第2四半期には大幅減収、赤字に転落し、株価も低迷している。
おお!お父さん犬とpepper君がハリウッドに!
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.65 兆円

業績