新着Pick
515Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の友人はフォートナイト内で「ダサい」とされるファッションをしていると、小学校でいじめられるからアバターを買ってほしい、と子どもに言われたことがあるそう。2018年ころアメリカでは、なんとロブロックス上でレイプされた子どもの母親が被害を訴える、ということが発生しています。同じ2018年には日本でも、JC・JK(女子中学生・女子高校生)流行語大賞で荒野行動(中国ネットイース社のバトルロワイアルゲーム)がTikTokを抑えアプリ部門1位を獲得し、彼女たちはゲーム内で出会って付き合うなども茶飯事の青春時代を過ごしました。すでに多くの人がメタバース上での生活を体験済みなのです。2018年に女子高生だった子は来年には大学を卒業して社会を出ます。ちょうどiPhone3GSが大学入学時に発売され、おじさんおばさんたちが「スマホ?赤外線通信もできなくてワンセグも見れないし絵文字も使えないじゃんw」と笑っていた時期に大学生だった私と、きっと同じ感覚を覚えるのでしょう。
「近未来だな」「まだ成功するかわからない」と言っているメタバースでの生活は、実は知らないところですでにしっかりと輪郭をもって実現されていることを正確に知って、そのことを積極的に学びに行く姿勢が今から非常に大事になると、この記事読むと確信できます。
体験談的な記事で面白いですね。
VRではありませんが、まさに映画「レディー・プレイヤー1」などで描かれていた"仮想世界の中で暮らす"が実現しているように思えます。

面白いのはRobloxのユーザーは小学生がほとんどなので、そのくらいの年齢のユーザーが社会を疑似体験しているということ。
記事に出ていた8歳男児が本来10数年後に体験するだろう社会経験を前借りで体験できている。そうすることで価値観は大きく変わるでしょう。
それが良いようにも悪いようにも働くので、親としてはヒヤヒヤするのでしょうが…。

とはいえ、インターネットと同じで使い方によっては個人の価値観も世界も大きく良い方向に変えることができる。それが次のインターネットと呼ばれるメタバースの凄みなのかもしれません。
Facebook改めMetaの構想では、仮想通貨Diemをメタバースで利用できるようにしています。メタバースで稼いだDiemを現実社会でも使えるようにと、考えているのかもしれません。メタバースは壮大なカジノと化す恐れがありますね。

メタバースでの暮らしが現実世界の幸せに繋がるのか疑問です。メタバースでは幸せでも、現実の生活が荒れていたのでは、破綻してしまいます。
現実世界を楽しむスキルがどんどん減る方向性にあるなと思う。

身体は現実世界にいるのに、意識は不在な人が街中に多く見えると、空間に活気がないように感じて寂しい。
仮想空間が行き過ぎるとリアルな生活も脅かす状況になってしまう。よく映画やアニメなどで揶揄されている内容ではあるも、かなり現実の状況に近しくなってきている。
一方で、使い方さえ正しければ、現実を豊かにする付加価値こそメタバース空間。使い方の確立はまだ難しいが、魅力的な世界。
そろそろメタバースネイティブじゃないと感覚的についていけない次元に来てますね
ある意味「Roblox」は、Metaverseの入り口とも考えられますよね。

別件ですが、「Joker」の地上波上映が禁止でも「イカゲーム」はNetflixとは言え、全くのお咎めなし。それほど地上波上映は影響力があるのか?

(以下、記事中から引用)
はたまた保護者たちは、暴力的な描写で話題のドラマの世界観を再現した「イカゲーム(Squid Game)」にも神経をとがらせている。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
言い得て妙「あまりにも現実的なデジタルライフ」
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
103 兆円

業績