新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事中の「デジタル領域を強化する方針」というのはその通りですし、電通のコーポレートウェブサイトを見ていただくと、「Integrated Growth Partner(IGP)」が今後の深化させるべき事業領域として示されています。いわゆる広告代理店・広告会社ではなく、顧客企業と社会の持続的成長にコミットするパートナーになる――そのために、AX、BX、CX、DXといった各種のトランスフォーメーションを実現する――ということです。
グループではなく、単体電通の新社長となる榑谷氏はこのIGPについても先導的なポジションで積極的に対外発信もされていますね。

IGPについてのウェブサイトも参考までにご紹介いたします。
https://www.dentsu.co.jp/igp/
電通グループのトップに新潟大出身の五十嵐さん。そして電通社長には理学部出身の榑谷さん(iU超客員教授)。電通DX、強化へ。
ここ数年電通を取巻く状況は激動でした。そんな中で持株会社体制への移行、セプテーニへの出資含めDX強化など、次世代への道筋を作っての退任。山本社長、お疲れ様でした。
この規模の会社ドメインを移行させるのは本当に大変な作業だと思います。社員にもここ数年大変痛みを伴う事があったかと記憶しています。これからも正念場は続くと思いますが、電通の強さ、マインドはこれからを生き残る為の力になると思います。
デジタルでの広告というと、Googleに勝たないといけないよね。
DX周りの強化もあるでしょうが、社内改革もお忘れなきよう…
電通グループは山本敏博社長が退任し、新たに五十嵐博取締役が2022年1月1日付で社長に昇格する人事を固めたとのこと。
電通社長には榑谷典洋副社長が昇格するとも。
株式会社電通(でんつう、英語: DENTSU INC.)は、日本の広告代理店。その規模は広告代理店としては国内最大で、世界では第5位である。2020年1月1日に純粋持株会社体制へ移行。また本稿では、持株会社である株式会社電通グループについても記述する。 ウィキペディア
時価総額
1.38 兆円

業績