新着Pick
157Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なぜ楽天フィンテック部門ではなく「銀行」のIPOなのか、正直まだ腑におちていないのですが、それはそれとして、楽天の資金調達、銀行の資本増強と資金運用の強化(楽天カードのリボ債権やモバイル顧客に対する通信料債権の引き受けをして楽天全社の資金効率をあげることを許される範囲で高めることが狙いのひとつかな)、そして楽天グループの企業価値の可視化のツールというのが狙いなのでしょう。
まあ銀行の親子上場はモバイル事業へのキャッシュ注入のための苦肉の策でしょうね。ほんとは上場させたくないと思う。
楽天銀行の上場で資金を獲得できる。
しかし、それは継続的なものではないので、
今後、キャッシュインと投資とのバランスをどうマネジメントするか、
挑戦が続く。
個人的には応援したい。
楽天銀行は好調でしょうが、モバイルは(このままの路線では)お荷物になり続けるような気がします。

基地局が少ないせいか、都市部の屋外でも電話が繋がりにくい、そうすると加入者がやめてしまう。
(楽天モバイルを見限った人を何人か知っています)

加入者が増えないまま、基地局整備のコストばかりがかさむことになってしまいます。

方針転換をしたほうがいいような気がするのですが…。
規制を細かく知っているわけではないし、楽天銀行が資本規制に対して今どれくらいの状況か調べていないが、資本が必要というときに
・楽天内での資本増強
(・上記のために、楽天本体での公募増資など)
というオプションもある。
このどちらも楽天銀行は引き続き100%保有。あとはもちろん、資本規制にヒットしない範囲での自然体の増加に留めるということも選択肢。
IPOするというのは外部株主がいるということであって、利益が100%取り込めなくなるし、ステークホルダーが増える。そのデメリット・コストなども踏まえて、どうしてこれがベストなのかという部分がポイント。
チャレンジャーバンクなどのFintechのバリュエーションは高いが、ネット銀行的なFintechのバリュエーションは、伝統的な銀行ほどは低くはないもののグローバルで見てもすごい高いわけではない。
楽天モバイルの黒字化は、Rakuten Symphonyの事業ありきに思えます。
既存顧客数が14社で、見込み顧客数が104社。
見込み客が契約してくれるかは、既存顧客の結果にも左右されそう。
新製品の「Symware」もそうだけど、どう評価されているのか気になる。
上場するなら、楽天銀行の100%親会社の楽天カードだと思うのですが。
GMOの様に、グループ企業を次々と上場させると言う方向にしていくのですかね⁉︎
楽天銀行のみならず、グループ企業の動向にも注目
楽天銀行は使い勝手は昔より良くなったのでしょうか?
コロナ禍で、楽天モバイル伸び悩み。慢性的な、お荷物に。

業績

楽天銀行株式会社(らくてんぎんこう、英語: Rakuten Bank, Ltd.)は、新たな形態の銀行に分類されるネット銀行。楽天カード株式会社の子会社である。 ウィキペディア