新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コミュニケーションの頻度が重要です。
人は複数回会えば関係は深まり、ちょっとした会話もしやすくなります。
関係構築ができたときに、コラボレーター(コラボを起こす人)にとってはチャンスですね。
人気 Picker
DXを加速させるときにも言われていますが、変革を進めるときには、あらゆるところで、様々な形態のコラボレーションがうまれることで、気づき得なかったイノベーションがうまれたり、新たなインサイトにより繋がるネットワークが広がったりと、コラボレーションする機会が増えたと思います。
業種を超えて、職種や組織を超えたコラボレーション。
こういったコラボレーションを進めるときには、双方がポジティブに進めることですが、一方で誰しも主体的なの言葉で発信できる責任をとること、そして枠を超えていくということは、発信だけでなくアクティブリスニングして、双方に好奇心を持ちよく相手を知るということが求められます。アクティブリスニングに関する記事が多いなと感じる今日この頃ですが、単に聞いていればいいわけではない。アクティブですから、自分から相手を知ろう、と好奇心を持ち、話して側がより発信したくなる環境を作り出す配慮も大切ですね。