新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マグネシウムの生産は全世界の85%が中国で圧倒的。
 埋蔵国は他にもあって、他の国でつくれなくもないですが、トルコ、ロシア、イランといった微妙な国が多いです。
http://mric.jogmec.go.jp/wp-content/uploads/2019/03/material_flow2018_Mg.pdf

アルミニウムとマグネシウム、亜鉛などの合金がダイカストです。
 従来のガソリン車は車体が鉄でできていました。鉄は重いので、モーターが弱いEVには向きません。車体を軽量化する必要があります。
 鉄より軽い、というとアルミニウムなのですが、アルミニウムは溶接が難しいので、ダイカストの方が車体をつくりやすいということでダイカストの需要が高まっています。
https://www.taiyoparts.co.jp/diecast-navi/column/489.html
 つまり、EVを増産するためにはマグネシウムがかなり望ましい、ということですが、そのマグネシウムの85%を中国が生産していることは、中国製EVを世界の市場に売り込んでいくうえで、極めて大きな優位点でしょう。
マグネシウムは、EVに限らず軽量化には必須となる材料です。

EVは「環境にやさしい」というイメージがありますが、それはCO2排出量において(条件としてクリーン・エネルギーで製造、走行、廃車)です。

「資源」という意味では、いろいろな資源を大食らいなので、全く地球にやさしくありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
EVとか関係ないけどね。

アルミ合金で無くてはならないのがマグネシウム(世の中のアルミはほぼ全てアルミ合金)。
「世界のマグネシウムの85%を供給する中国で生産が近く回復しなければ、マグネシウムが大幅に不足する恐れ」があるとの指摘があるそうです。
半導体不足に加えてマグネシウム不足。自動車業界にとって受難の年ですね。