新着Pick
517Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コーヒーの市場価格の高騰は、複合的な要因で起きています。
 ブラジルなど中南米の水不足と寒波、病害。イエメンとエチオピアでの内戦、米国の通貨供給増大による先物取引市場への資金流入、等です。
 気候変動は予測できない要素が多いですが、水不足は確実に現在観測できる事実で、慢性的です。水不足は世界の多くの地域で起きていて、すでに大きな問題ですが、これから穀物など農産物の価格高騰や水力発電の低調などを引き起こしていきます。
 中南米の場合、水不足は森林伐採も関係していると見られています。人工肉とか昆虫食に意義があるとしたら、その最たるものは、森林伐採を減らすことで水不足が緩和されるかもしれない、ということでしょう。
 栽培方法の改良で、水をより少なく使って栽培する、というのは1つの対応策でしょう。

世界最大級の湿地帯、水不足で火災も ブラジル「大気循環に異常」
https://www.asahi.com/articles/ASPB24VKSP80UHBI006.html
世界的に環境配慮が消費の行動決定要素のひとつになってきている背景から考えると「環境に悪いのでコーヒーは飲まない」という人たちが出てきてもおかしくない話。スターバックスやブルーボトルなどのコーヒー=クールみたいなブランドイメージがひっくり返る可能性も。シェイクシャックのように、寡占産業に突如として別切り口でポジショニングしてくる新興企業が台頭する兆しかもしれないですね。
バイオテクノロジーは、細胞を培養することによる食肉・魚肉生産だけではなく、コーヒー、ワインも開発可能です。
コーヒーは、6番目に温室効果ガスを排出する食品・飲料とされています。
(1位:牛、2位:羊、3位:チーズ、4位:乳牛、5位:チョコレート、6位:コーヒー)

今後、持続可能な食・農を実現するためには、農作物の生産方法はバイオテクノロジーを活用し、従来から大きく変えていく必要があると思います。
地球温暖化の影響で、商用に供給されているコーヒーの99%を占めるのは「アラビカ種」と「ロブスタ種」の成長に適した土地の約50%が2050年までに消滅する可能性があるとのことです。

コーヒー生産農家は1億人が従事しているということです。私もそうですが、人がどれほどコーヒーに依存して生きているかと驚かされます。

対策として、時間は掛かりますが新たに高温や干ばつに強い種の導入や、コーヒーの味や香りのもとになっている微生物を培養することで豆を使わずにコーヒー的な飲み物を作る方法があります。

いずれにしても、生活を豊かにしてくれている一杯のコーヒーが当たり前に存在し続けるわけではなく、温暖化対策は待ったなしだということがわかります。
私のいるフィリピンでもコーヒーが栽培されています。ベトナムやインドネシアほど有名ではありませんが、美味しいコーヒーです。
コーヒーは山奥の作物が作れない地域でも育つので貴重な産業です。
問題はコーヒーの実を採取してから、焙煎する前の状態にするのに大量の水を使うことです。
フィリピンでも水が豊富にある山でしかつくれません。
最近は過酷な児童労働とかは聞きませんが、精製が大変で手間がかかり、野菜農家より大変なのでやり手が少ないです。
ここに気候変動の問題まで加わったら本当にコーヒー産業は大ピンチになると思います。
コーヒー、米、生活必需品に近い農作物が生産工程で大量の水を使うことはよく言われていること。
米で言う無洗米のような。生産工程以外のアプローチもないかな、と考える。
合成生物学でコーヒー豆を使わない「コーヒー」を作る。CEOがコスタリカ生まれというストーリーもある注目のスタートアップですね。
コーヒーを飲みながらこの記事を読んでいます。最初の驚きは、コーヒー1杯分の豆を栽培するためには約39ガロンの水が必要とか。本当かな?

二つ目の驚きは、コーヒー豆を使わずに作るコーヒー。コーヒーの実から採取した微生物を使うというもの。コーヒーではなく、コーヒーフレイバーの飲み物になるのでしょうね。味気ない。