新着Pick
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この手の犯罪は、特に日本ではきわめて少なく、特段の対策の必要性は感じません。どんなことでも対策をとらなければ、「なぜ対策しないのか」と糾弾を受けるという日本社会の負の面が出ていると思います。やればやるほど、体感治安が一層悪くなるだけです。

日本の地下鉄には、なぜゴミ箱がわずかしかないのか。テロや犯罪は許せませんが、対策はより実効的なものを議論するべきと思います。他者を信じられなくなれば、この社会は成り立ちません。
京王線殺傷事件の容疑者は、小田急線の警備が厳しくなったので京王線を選んだとと伝えられています。供述は変遷するので額面通りに受け止めるかどうかは別にして、「警備が厳しいのでやりにくそうだ」と思わせることは大切です。それが一定の抑止力になります。こうした事件の容疑者は、プロの技術と使命感を持つレベルから、計画性が低い巻き込み自殺願望や自暴自棄のレベル、単なる愉快犯までいくつものレイヤーに分かれます。プロのテロリストを想定した場合、鉄道会社がとれる対策はほとんど無力ですが、それより下のレイヤーでは「やっている」という姿勢が効果を持ちます。100%抑止を目指すのは非現実的ですが、それなりに現実的な取り組みは可能です。知恵を出してほしいと思います。
今回のような事件については効果的な対策は困難です。

逮捕を免れようとする犯人であれば監視カメラを増やすなどすればいいけど、今回のような開き直り犯には監視の効果はありません。

大きな荷物を持っている乗客はたくさんいるし…あれだけの大人数。

事件が起こった時に何かが作動する装置を付けると、誤作動やご使用の恐れがあります。
きのうも東京メトロ東西線で千枚通しのような工具をもった男性が確保されています。在来線で手荷物検査はかなり困難なことかと思います。ただ、模倣犯がふえるようであれば不便であっても何かしらの対策が必要になってくるかもしれません。
逃走する前提で犯行を犯す人間が相手なら監視と警備の強化が抑止力になりそうですが、死刑になりたい、つまり、捕まることを厭わず犯行に臨む人間を未然に発見するのは至難の業。本気で防ぐなら飛行機並の検査をやるしかなさそうに感じます。しかし、本数も停車駅も桁違いの鉄道でそれだけのコストを掛けるのは確かに難しい。難儀なことですね・・・ (・・;
自分の身は自分で守るしかない、という意見に賛成です。
鉄道会社は当然対策を講じる必要がありますが、0にする事は恐らく不可能です。

検知AIみたいな話もありますが、それよりか周りの人間(もしくは自分)が監視する方がよっぽど有効ではないでしょうか
世界中どこ探してもそこまでやってる国は見たこと無いですが。せいぜいやれて乗っている時間の長い新幹線くらい。コロナ対策もそうですが、凄惨な事故が起きるとゼロにしたいアホな人の声で振り回される。
本当に真面目な記事なのに申し訳ないのだがさすまたに吹いた

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%BA%E8%82%A1?wprov=sfti1
そっか。まあ、そうだろうね。
あと現実的にできることと言えば、テロ犯罪法的なものかな?公共交通機関や路上などで無差別殺人を意図実行したものは死者が出ようが出まいが厳罰にするとか。あとはもう全員強力なスタンガン持つとか。
(追加)日本の鉄道営業法は、官営鐡道を念頭にした明治の法律ですから、省令改正によりいくらでも規制ができる便利なものです。
より混雑している中国の都市鉄道では当たり前のように手荷物検査をしていますから、日本も意思があればできますが、やりたくないのでしょう。
京王電鉄株式会社(けいおうでんてつ、英語: Keio Corporation)は、東京都南西部から神奈川県北部に鉄道路線を有する鉄道事業者で、大手私鉄の一つである。京王グループの中核企業。略称は京王(けいおう)。日経225(日経平均株価)の構成銘柄の一社。 ウィキペディア
時価総額
5,663 億円

業績