新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界に自動ブレーキが普及する遥か前、自動ブレーキを装備したクルマを日本のメーカーが作ったら、クルマが勝手に止まって良いとどの法律に書いてあるかと詰問して取り下げさせたと聞き及ぶ国交省。手放し運転のビデオを日本で最初に放映したメーカーが逮捕するぞと脅されたのは、中年以上の人の記憶に残るところでしょう。世界の流れに押されて自動運転の公道実験を認める方向に法改正したと言いながら、十分な実験データがあること、周辺住民の同意を得ることといった難しい条件が通達レベルでいろいろついて、人が住まない羽田空港周辺といった場所でしか実験出来ないというのもしばしば聞いた話です。実験しなければデータが集まる筈がないですし、様々な障害がある実際の道路でデータを得なければ、自動運転の技術が進む筈がありません。
10年ちょっと前に買った私の国産車、レーダーで前の車を追走する機能がついていますが、40キロを下回るとブレーキ操作が外れて手動に切り替わってしまいます。何かに追突しそうなとき、軽くブレーキを踏むと不足分を勝手に踏み込んで止めてくれるということですが、ブレーキに触れなければそのまま突っ込んでしまいます。ここまで出来るなら遅いスピードでも技術的に追走可能だろうし、ブレーキに触れなくとも止めることが出来るだろう、とディーラーの担当者に聞いたら「そこまでやると自動運転になると見做されて、国交省の認可が出ないんです」と明確に答えてくれました。
自動運転が進むと自動車教習所と運転免許証の制度に大きな影響が及ぶため、日本の当局は自動運転の普及に繋がる技術の導入を極力遅らせるべく動いて来たように感じます。世界の動きに押される形で日本にも入って来ましたが、本来なら先頭を切っていたはずの日本が規制に阻まれて世界に後れを取ってしまったのは残念で、日本の長期に亘る停滞の原因を象徴する出来事の一つであるように思います。
「“運転操作より自動ブレーキ優先” 事故防止技術を本格検討へ」・・・ 事故防止技術の搭載が世界で当たり前になるなかで余りに遅すぎるように思いますけれど、クルマは人が運転するものという前提に立つ日本の規制の態様が、自動車教習所と運転免許に絡む“利権”を向こうに回して変わっていけるものなのか。動きに注目したく思います (@_@。
いまは人間がコンピュータをオーバーロードする、つまり運転支援の機能がもっぱらです。今後はレベル3以上の自動運転の領域に入ってきます。
物にぶつかり、人にぶつかり、それでも止まらずに進み続けた車。運転手がそう操作していたからそうなった?それは当たり前でしょうか。自動運転の登場前にやるべきことがありそうです。
以下の再掲です.
https://newspicks.com/news/5952789?ref=user_2112738
現状、「国内で販売される新車には、9割以上で自動ブレーキやペダルの踏み間違いを防止する装置が搭載されていますが、多くはこうしたシステムよりも運転の操作を優先する考えで設計されていて、仮に自動ブレーキが作動してもアクセルを踏み続ければブレーキはかか」らないのだそう。

これでは確かに事故は減らないですね。

今後は五年をかけて「システムがどのように危険を認知して安全機能が作動する」か整理、ガイドラインの策定、そして開発を行っていくそうです。

事故のない社会が早く来るといいなと思います。
この「最大5年間かけて」を技術開発と制度改訂で、段階的に、どこまで短縮できるかが業界としての責任だと、個人的に自覚しています。

(以下、記事中から引用)
運転中の誤った操作や病気などによる事故が相次ぐ中、国土交通省は運転の操作よりシステムを優先させる技術の在り方について本格的な検討を始めることになりました。

今後、専門家や自動車メーカーの関係者などとともに、ドライバーが意識を失ったり明らかに誤った操作を行ったりするなど、システムを優先させたほうが安全な場面について洗い出すことにしています。

そのうえで、システムがどのように危険を認知して安全機能が作動するかなどについて最大5年間かけて整理し、ガイドラインの策定などを行い、開発を促していくことにしています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
これから「本格的に検討」というのは遅すぎます。

自動運転技術もどんどん進歩しているのに肝心の国交省の対応が遅いのでは、日本の自動車産業の足かせになってしまいます。
自動ブレーキもいいのだけど、ワンペダルドライブができればペダルの踏み間違えも発生しない。EVや自動運転車に移行していくことを前提にして、どんどん公道で試験走行できるような規制緩和が求められている。
ブレーキを含む、トラクションコントロールは今や自動車、バイクには必須ですが、あらゆる天候におけるコンディションも是非検討して頂きたいですね。

特に寒冷地や積雪路などの摩擦係数が低い路面など、オフロード含めた検証も対象データとして実施して頂きたいですね。
買い替えニーズの少ない高齢者の車体に後付けの安全装置。ここへの取り組みも実現していけば良いのですが。
9割以上に’自動緊急ブレーキシステム(AEBS)が導入されているといえど新車に限った話しですので、街中で走行している車の多くはAEBSが搭載さていません。

既存の車にLiDARやカメラを用いた車両や歩行者との距離や相対速度を監視させつつ、AEBS(自動緊急ブレーキシステム)が制御する仕組みをどう適用するか?が肝ですね。(買い替え or 機能アップデート)