新着Pick
286Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「プロ経営者」というフレーズが奇異に受けとめられている時点でまだまだなんでしょうね。
経営者ってヒエラルキーの文脈で語るべき職業ではなく、エンジニアや営業、人事と同じ役割のはず。もう少し自然に受け入れられる土壌が整ってこれば、もっと伸びることができる会社はたくさんあると思うんだけどね。
オーナー経営者が満足する社長は、社内には中々居ない。保身を考えずに結果を出すことに邁進する社外の人物しかいない。皆さん結果を出して、日本の経営者市場が少しでも大きくなること期待。
うーん、さすがに岡島さん、そこは違うんじゃないかなぁ?BS、PLは見られても、改善出来ないヒト、たくさんいますよ。巻き込み力やtangibleでないと、実践出来ないでしょう。最後はBS、PLに反映させるのが経営者でしょう。そもそもプロでない経営者っているんでしょうか?

引用
「経営のプロと聞いて、BS(バランスシート=貸借対照表)を見て財務を建て直し、PL(プロフィット&ロスステートメント=損益計算書)を見てコストカットをするのが仕事、と思っている人は、今のビジネスの流れに取り残されている。それくらいのことなら大概のコンサルタントならできるし、そうした人材は既にコモディティ化している」(岡島氏)
著者です。文末に引用したコメントへの回答です。

私は、技術としての経営も、カリスマによる感覚的な経営も、いずれもそれだけでは足りないから世の中がうまくいかないとおもっています。物理学が最初は「なんでこうなるんだろう?」という発見から生まれ、理論化されていくように、感性で捉え、より再現性を持つ技術に落とし込んでいく果てしない作業が、経営なのだ、さらに言えば、技術と芸術性、兼ね備えたものが最高の経営であり、それは矛盾しないのではないかと思っています。

質問が高度なためか、原稿と違い、うまくいいつくせませんでしたw コメント、ありがとうございました。



この記事を書いた人が、経営が芸術と技術どちらに近いと考えているのか興味がある。
本記事の編集を担当致しました。欧米では大昔から存在したプロ経営者。日本でも外資系の日本支社支社長にはよくいらっしゃった方々ですが、最近では資生堂、サントリー、リクシルなど名だたる企業の頂点に…。その理由とは一体なぜ?
プロ経営者の需要は今後大企業だけではなく、ベンチャーから中小まで幅広く広がるだろう。日本にはプロ経営者を本当の意味で育てる社会的なエコシステムは無いので、これをどう作るか? そんな話を昨日も人材会社の知人としていました。
プロ経営者って妙な言葉だなぁ。結局この問題って、経営人材の流動性に行き着くワケだけど、経営者が会社を離れられるのは、①後継者に引き継いで引退②会社が倒産or業績悪化で退任の2つしかないが、②はプロ経営者とは呼べないので、必然的に①となる。
そしてそもそも①のパターンって、多くの日本企業では40〜50代で経営者になり、引退するのは50〜60代だったりする。うーん、圧倒的な人材不足だろうなぁ。
中小企業の経営再建の関わって、痛感する再生のポイント
社員の人身掌握。
その為には、社長が全身全霊を傾けて業務に邁進し、誰よりもその会社と社員を愛することから、再生が始まる。
夏場に退任されたけどミスミの元CEO三枝さんはプロの経営者を育てたい、というマインドでミスミを経営してたし、CEOから退いてからも会社には残ったまま経営ではなく人材育成に専念している。
サラリーマン社長でもなく、創業者社長でもなく、経営者として外から招聘さらるような存在。カルロスゴーンみたいなもんか。確かに日本にはサラリーマン社長と創業者社長ばかりでプロの経営者というのは少ないよね。
もっと細分化できますね。事業転換期、組織デザイン転換期(文鎮型から機能型に変えるなど)、資金調達期やIPO期、営業利益経営から時価総額経営への転換期などで必須となる経営能力が移動します。一方で社長は役割、会社は公器という教科書概念は理解できますが、やっぱり志ある人がずっと旗振りしてほしい、と若輩者は思いますけど・・・
株式会社LIXILグループ(リクシルグループ、LIXIL Group Corporation)は、サッシ・建材・住宅機器メーカーを傘下とする持株会社。 ウィキペディア
時価総額
5,420 億円

業績

三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
4.65 兆円

業績

サントリー (Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 ウィキペディア

業績

株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
5,376 億円

業績