新着Pick
741Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「幸福」を感じる要素としてよく言われる4つは、なりたい自分への成長=自己実現、自分らしさ、楽観的、そして人との繋がりです。「人との繋がり」は、特に大切な要素だと思います。

不安な時代になるほど、人との繋がりは求められますし、人との繋がりで、色んなことを学び自己成長も導いてくれる。そして、何より心と身体の健康へも繋がります。変化が多い時代だからこそ、人と人の繋がりは、大事だと痛感します。
「お金そのものが解決してくれるわけではなく、お金を受け取った誰かが自分の代わりに解決してくれるのであり、自分以外の誰かがいなければ、お金は無用の長物です。」
GDPを増やすとか、政策で解決するとか、とかく言われがちですが、お金でなく人と人が支え合う仕組み作りをすることが大切なんだなと思いました。
本書の結論は「みんなで子どもを育てる」。最初は「え、その結論?」と思いましたが、読めば読むほど、納得のいく答えだと感じました。ぜひともそこに至るまでの論理的道筋をお楽しみください。
各国の一人当たりGDPと(自己申告による)幸福度をグラフに描くと、明確な正の相関があることが知られています。
https://ourworldindata.org/grapher/gdp-vs-happiness
つまり、GDPの増加は国民を幸せにします。これが大前提。

その上で、二つ忘れてはいけないことが。

第一に、上記の現象はあくまで平均であって、GDPの増加が全ての国民を幸福にすることはないし、なんなれば大多数の国民を幸福にするとも限らないこと。つまり「取り残された人々」についてこの結果は何も語っていないということ。

第二に、あまりにも当たり前ですが、幸せの要因はGDPだけじゃない。家族、健康、生きがい・・・・。他の全てがそのままでGDPだけが増えるなら、国民はより幸せになるでしょう。ところが他の何かを犠牲にしなくてはGDPが増えないなら、それは全体として幸福度を増大させていないかもしれません。

好例がコロナです。
アメリカはコロナ前に比してGDPは増大したが70万人が死んだ。
日本はコロナ前に比してGDPは縮小したが死者は2万人以下。
アメリカの方が幸福だと言えるでしょうか?

最近のコロナのニュースで、NPではあたかもGDPを金科玉条のように語る浅はかなコメントが多いのは非常に気になるところです。多くの子どもにとっては、数%のGDPよりも大好きなおじいちゃんおばあちゃんが健康で生きていることの方がはるかに大事ですし、幸福です。

また、全ての国をプロットすれば上記の相関は明白ですが、各国の近年のGPDと幸福度の増減を追うと、相関はむしろ逆であることもあるようです:
https://www.economist.com/graphic-detail/2019/03/21/economic-growth-does-not-guarantee-rising-happiness
日本ではそもそもGDPがほとんど増えてませんから、GDPが増えても幸せになれないかどうかはわからないと思います。
田内さんのフレーズには、そうだなーと納得させられるものが多いです。

『対価を支払った客のなかに、そばを作ってくれた両親に尊大な態度をとる人がいることも不可解に思えた』

『自分なりの「価値のモノサシ」を持たないと、どんどんお金に支配されてしまう』

『自己の外部が存在して初めて、お金は価値を持つ』

紹介されている「お金のむこうに人がいる」という書籍は、盲目的に蓄財だけを目指した先に本当に幸福は待っているのか、本当に大切なものはなんであるのか、立ち止まって考えるきっかけを与えてくれると感じました。
子どもの世話をするのに対価を要求する親はありません。人々の活動の中に対価を伴わない労働等が沢山含まれているのは事実で論旨に異論があるわけではないですが・・・
欧米諸国の名目GDPが過去40年間で3~4倍に増える中、日本だけがほぼ横ばいに留まって、その結果、賃金が上がるどころか下がってしまい、中間層が等しく貧しくなっているのが我が国の現実です。GDPを増やすより大事なことがある、GDPを増やしても幸せになれない、というのはそれなりの立場と所得を得て安定して暮らせる人たちだからこそ言えるという側面もあるんじゃないのかな (・・?
日本と日本人をこれ以上貧しくさせないために、GDPの成長を目指す必要はありそうに感じます f^^;
2020年 日本は1899年以来最低の出生数を記録(84万1千)婚姻数も戦後最少を記録(52万5千組)
人類史上例をみない少子高齢化不可避ななか
ローカルでどんなことができるのか日々試行錯誤しています。

「0〜12歳 田畑とつながる子育て支援」という地域事業を2013年から続けています
最初はまさに赤ちゃんや幼児がいる主に母親たちが農園を運営しながら、子育ても楽しくお互い様で、事業に取り組むことで社会との接点を大事にするというコミュニティ活動でした。
それから8年経って、子どもの成長につれ、それぞれ事業を立ち上げるなどして、行政からの子育て支援事業の受託や学習支援、放課後畑クラブ、生活課題世帯のサポート、認定こども園の運営などずいぶんと事業が広がりました。

それによって「みんなで子育て」がずいぶんと定着していったように思う一方
組織化の課題、特に賃金や労務管理をどのように整えるのかという問題に直面しています。
「みんなで子育て」して稼げている人がいない状態では対価は賃金ではないので純粋にやりがいを価値としてコミュニティを作っていけますが
仕事として対価をいただく子育て支援は、何をもって仕事の成果とするか評価も難しく、
事業によって賃金格差が出てくると、互いの仕事の仕方にもいろいろ思うところもあり、不満が出やすくなります。

みんなで子育ては強くてしなやかなコミュニティ作りが不可欠ですが、コミュニティを持続させるためのお金の使い方は
なかなか難しいなと思うところです。ドライにやりすぎてしまうとコミュニティ的なものは崩れ去ってしまいます。
そして、同時に私を含めて世の男たちが「金さえ稼いでいれば子どものことは母親がなんとかするべき」
という観点で、子どもを真に大事にしてこなかったツケが圧倒的な少子化を招いているなとつくづく思います。
お金の価値について考え直さなければ、と思いました。物やサービスの価格は、必ずしも本物かどうか、おいしいかどうか、美しいかどうか、とかとかけ離れている場合があります。

<価格やお金の量を盲信することは、「価値のモノサシ」を他人に委ねてしまうことにほかなりません。>という言葉は、ズキンときました。お金の価値、通貨の役割について、もう一度しっかり見直す必要がありそうです。

子供たちへの金融教育は将来の日本の価値観を変える上でとてもたいせつですね。
最後の結論のところ、自分たちの将来的な労働力のために子どもを育てるという点、結局近代までの役割から変われないのかと、純粋に残念に思う。この思考ロジックだと人口は増加傾向に無いと持続可能にならず、そうすると今度は資源的な観点で詰みそう。

「払う相手がいないとお金の価値無いよね」のポイントはその通りだと思う一方、その対象が「労働」なのかと言われると疑問。労働の定義かもしれないが。自動化やロボット化で一定の生活水準を実現するコストが下がって、一億総貴族化する中で、知的創造、アートといった対象が相対的に価値が出るかと思う。
広義の意味での「享楽」(学術研究やエッセンシャルじゃないビジネスも含む)が現代人類たる所以だと思うので、エッセンシャルワーク至上主義的な発想はあまり好きではない。(この記事の主題がそうという訳ではなく)
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。