新着Pick
478Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クレジットカードを作れないような人たちでも利用できる後払いサービス。
その触れ込みから、非常に危ういサービスのような印象をどこか持っていました。

もちろん、使いすぎないように十分な注意が必要ですが、お話を聞くほど、テクノロジーの進化によって、クレジットよりユーザーにとって使い勝手のいいサービスへと進化したものなのだと理解できました。

そしてメルペイが、それ以外の後払いと違うのは、彼らは消費されるだけでなくて、お金を稼ぐ手段までを提供しているということです。世界でも類を見ないユニークな立ち位置を持つ彼らが、市場に社会にどのような影響を与えていく存在になるのか、注目していきたいです。
BNPL 後払いサービスについて、初心者にも非常にわかりやすい内容のため、その可能性と優位性を大きく自分が勘違いしていたことがわかった。まず消費者視点として、日本以上に海外での需要ポテンシャルがあること。例えばチャットアプリのボイスのみ送る機能は、日本では遊びで使う程度のものだが、識字率が低い国や世代には大きな需要がある、ライブコマースはメーカーの信用度の低い環境のほうがKOLの信用度を借りられるので有用、というように、お金の使い方やコミュニケーションのあり方は文化的背景に大きく影響されるので、狭い視野(私です笑)だと可能性を見逃してしまう。また販売する企業側からしても、テクノロジーによって回収率があがることでリスク低く顧客に嬉しいサービスを展開できる。後払いできるシーンが増えるとフリークエンシーも増えるので、使ってみたい、使わない理由がない、という状態になっていきそう。今後も勉強していきたいサービスです。
AffirmがAffirm Savingという預金機能を提供するのも、本家Klarnaが家計簿機能、後払い可能なVISA debitを発行するのも、Paypayのようにショッピングアプリ化したり最近では旅行計画アプリを買収したりしているのも、すべてこれ。
アプリをアクティブに使わせたい。使えば与信データが貯まる、決済も自然に発生する。
今話題のマイルズなどもそうですが金融の世界は今後データを持っているプレイヤーが勝つし、メルカリのようなサービスと連携できるのはシナジーもあってメルペイのさらなる強みになりますよね。
本当はダメなのでしょうが、短期的には単体でペイできてなくても最悪本業が儲かれば良いという見方もできますし。
お金が動くスマホアプリのすごさを目の当たりにした感じがします。そう考えると、LINEはもっといろいろなことできそうな気がしました。
この記事を読んで、以前債権管理(Debt Manager)のプロジェクトに関わっていた関係上、「如何にして督促回収するか?」という思考プロセスに自分が陥っていることを改めて思い知らされました。
この循環があるメルカリ超強そう。ちなみにアリババの信用スコアプロバイダーZhima Creditの評価軸は主にこの5つ:身分特質、履約能力、信用歴史、人脈関係、行為偏好。
メルペイは「約束履行能力」を重要視するそうですが、誰とどういうコミュニケーションをとって(例えば返信かや発送スピードとか。Airbnbの
ホスト側もこの返信速度評価ありますし)、どんなトランザクションをメルペイ上で行って、、、とクライテリアが増えればその分返済率も上がり、ユーザーが増え、、、と日本では独自のポジショニングができてる感ありますthx!
海外で主流の後払いに注目されているのもさすがだですが、記事の最後に書かれている「循環型金融」こそがDXだと感じます。
C2Cビジネスであり、プラットフォーマーとして君臨しているメルカリだからこそ、出来ることが盛り沢山。

「メルカリで買ったお金を、メルカリで売って返す」というのは容易に想像つきますが、「ウーバーイーツで働いて返す」とかまで出来るようになると面白い。
私の友人は、お子さんからウーバーイーツでバイトしたいので自転車買ってほしいとねだられ、ついつい買ってあげたそうです。子供がバイトで稼ぐために、親がお金を使うってどうなんだろうという話になりましたが、こういうのもメルカリの「循環型金融」で解決できそうです。
メルカリとメルペイが一つのアプリで使える。
ここが多分、他とは決定的に違う。
事業がある部分に特化しているから出来るのかな。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート

業績