新着Pick
1156Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「年金問題に解決の糸口が見えないのは、現役世代から高齢者への数字の移動としか考えられていないから。
仮に国民全員にあり余るほどのお金があれば、数字上の年金問題は解消しますが、同時に労働の必要も消滅するので、介護や福祉の現場で働いてくれる人もいなくなります。
お金そのものは問題解決の手段ではなく、解決を介在するものなんです」
お金ではなく、近所のお年寄りに夕飯で多く作った1品をシェアする仕組みを作るという方が、納得感高そうですね。
すごく納得しました。実は以前同じ疑問を持ち、ビジネスや財務の数字だけでは見えてこない"人や組織の指標"を見る重要性についてnoteを書きました。
https://note.com/takacoco_note/n/n983be50725e3

スタートアップのDDの際に、ありとあらゆるビジネスKPIは訊かれるのに人的指標については殆ど訊かれないことへの違和感。それは以前関わっていたベンチャーの業績低下の背景に人のissueがたくさんあるものの、どの投資家もそれを聞いてこない/知ろうとしないのを目の当たりにしてより強く感じるようになりました。人事指標を見たり、ちょっとした従業員インタビューをしたらすぐに分かるはずのものなのに、なぜ表面のKPIにばかり捉われてしまうのか。

こちらな本も、ぜひ読んでみたいどの感じました!

「本書の解説がストンと腑に落ちる最大の理由は、その視線が一貫して「お金のむこう」にある「人」の労働にフォーカスされていることにある。」
私も数字を見るだけでは「経済」は理解できないと思っていますので、できるだけ講演とかで現地に出向いた際には、地元の方々と交流することを大事にしています。
ただ、コロナ禍でそれができにくくなってしまったことが大変残念ですが。
田内学さんの「お金の向こうに人がいる」は、平易な言葉で書かれつつも、読後に深く考え込むことを読者に迫る好著です。お金は確かに必要。でもそれを積み上げるだけでは、全体最適にはならないことを、わかりやすく示しています。
『お金の向こうには人がいて、お金を介在させることで問題解決を人に委ねている』という考え方は、お金の本質がなんたるかを思い出させてくれるようでした。

自分は「お金」の面白さはその多方向性にあるように感じているのですが、著者の方はその辺りをどのように考えているのかなどが気になります。

ぜひこの本読んでみたいですね!
つきつめればコストって人件費と税金ですからね。人間以外はお金を使えない。だからコストと環境負荷は一致しないという理解。

この記事で言うところの「効用」の具体化が環境だと思っている。なんやかんや、天気がいいだけで人生の満足度上がりますもんね。
凄まじく本質が述べられている。
お金の先に"労働"があり、本質はいかに個々の満足度を上げるか。絶対に押さえるべき視点。
『「お代を払ってそばを食べるという行為は、そばを食べたい欲求を満たす、あるいは空腹を解消するといった問題解決の手段です。つまり貨幣を使うということは、問題解決を自分ではない誰かに委ねることなんです。
そば屋であれば、問題解決してくれる誰かは厨房やホールにいて目に見えるわけですが、ネット上でソフトやサービスを購入する場合などは、その人たちの姿は見えません。
このような経済取引を繰り返すうちに、私たちはお金そのものが問題を解決しているかのように錯覚してしまう。
実際は自分ではない他者に、財布の内からお金を出して渡すことで、解決を肩代わりしてもらっているのです。これは個人や企業だけでなく、国と国とのやりとりでも同じです」』
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。