新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
だいぶ風向きが変わってきたな。これで最高裁がテキサス州法の施行を阻止することになれば、保守派は混乱することになるだろう。いくら保守派の判事を送り込んでも彼らの目標が達成できないとなると、次に何をやりだすのかわからないという怖さもある。
カバノーとバレットが訴訟の継続に同意。12月1日から審理を開始するミシシッピ州の15週目までの妊娠中絶禁止令に関する訴訟の行方がより重要に。こちらは中絶容認を決めた73年のロウ対ウエード判決に対するる直接の異議申し立て。
テキサス州の人工妊娠中絶禁止法を巡る口頭弁論が米連邦最高裁で開かれたそうですが、アメリカのメディアは大きく報じています「施行停止を求める訴えを5対4で退けたが、口頭弁論では保守派判事のうち少なくとも2人がこれまでの姿勢を転換し、同法の施行差し止めを求める中絶実施施設に対し、訴訟の継続を容認する可能性を示唆」