新着Pick
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまで大きな収益だった「カーボンクレジットの販売」がなくなるので、それに代わる収入源としてElonが決断したのが、この「スーパーチャージャー網の開放」です。

少し心配なのは、Teslaのスーパーチャージャーが、Teslaユーザー向けに、UIが洗練されすぎていて、Tesla以外のユーザーが使う時に対応できるか?です。

例えば、Teslaのスーパーチャージャーには、決済用の仕組みなどは、何もついていません。「つなぐ、充電が終わったら、外す」それだけです。

それは、Tesla内で決済システムが構築できているからであって、Tesla以外のクルマの場合には、どうやって決済するのでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
テスラのスーパーチャージャーを利用するためには、テスラアカウントをウェブ上で作成して、そこに登録されたクレジットカードから決済されます。

スーパーチャージャー網のサブスクリプションモデルということになり、EVのプラットフォーム自体をエネルギーの側面から抑えられるということになります。
スーパーチャージャー解放には、「いずれ政府機関等の外圧によって解放を余儀なくされる」という計算もあった筈です。

数年前から水面下で話題になっていましたし、様々な検討があった様にも思います。テスラ側には準備する時間が十分にあり、タイミングをみていた訳です。

一つ言えることは、スーパーチャージャーは解放を促されてもおかしくない程に洗練されていて、かつ設置箇所が多いということ。他社には無い、テスラの競争優位の源泉の一つです。

テスラが目標とする様な、BEVがガソリン車より活躍する世界がくる為には、他社を巻き込み市場を活性化することが大事と考えられます。仮にそうだとすれば、今回のスーパーチャージャー解放はプラスに作用する筈です。

今後テスラの優位性を保ちつつ、スーパーチャージャーを解放する動きが始まるでしょう。日本のチャデモ対応にも期待します。


視点をがらりと変えれば、テスラはまるで『クルマを売って、ガソリンも同時に売る』会社です。

他メーカー車両の利用料金は、テスラ車より高額設定。良いビジネスです。
このパイロットプログラムに参加できるのは、CCS規格接続のEVのみなのだそうですが、記事を読む限り、試験運用なのでここで本格運用に向けた諸々が決まるのかなと思います。地味だけど本格運用できるようになれば充電インフラの拡充にもつながっていいなと思います(他社製の充電にかかる追加費用がどれくらいなのかも気になる)
素晴らしい。Tesla借りて電気自動車の充電規格って色々あるんだなということを知りました。Teslaもアダプタあれば他の充電設備使えますが、普及のためには相互利用できていくのが良いですね。
時価総額
103 兆円

業績