新着Pick
47Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
総合商社がDX支援が稼ぎ頭って、めちゃめちゃ違和感があるタイトルなので少し調べてみました
第1四半期時点での通期予測で通期5500億円
セグメント別に大きい方から並べると①金属1380、②情報・金融700、③住生活630、④機械580、④食料580、という感じですね
なんといっても25%出資で持ち分法のPaidyがpaypalに3000億円で買収されるので、予想を上回るのはこちらでの利益のかさ上げが大きそう
そうすると、その前の情報の「情報・金融」が2位セグメントであることを指して「DX支援が稼ぎ頭」と言っているということですね
別のソースを見ると、CTC単独の利益は300億円程度のようなので、残りの400億円はその他の情報関係か金融か
最小で見ればCTCのことを指しているとすれば、利益6500億のうち300億円を指して「稼ぎ頭」と言っている、ということなんでしょうか。。。
商社の稼ぎ方も変わってきた。
ただ、儲け方を迅速に組み替えるのが得意なのが商社さん。

この稼ぎ頭が、どこまで、いつまで続くのか。

他の商社よりは、本格的な取り組みが多いので、この稼ぎ頭をまずは他の事業にもインフラとして提供していくことができれば更なる飛躍が期待できそうでもありますね。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.53 兆円

業績