新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
原油高に半導体不足、さらにコンテナ不足など、サプライチェーンの危機のなか迎えるホリデーシーズン。

今週は、今年のクリスマスギフトのおすすめを英語版Quartzの有料ニュースレター「How to」から紹介します。

Quartzの日本語版「Quartz Japan」では現在、平日朝夕と日曜日にニュースレターという形でコンテンツをお届けしています。Quartz英語版の記事もすべて読み放題です。ぜひ、7日間のフリートライアルでお試しください!

登録はこちらから👉https://qz.com/japan/subscribe/
オンラインショッピングに対する消費者の需要が急増する一方で、小売業者は、港の混雑や貨物の遅延、海外生産の中断など、サプライチェーンに関する深刻な問題に直面しています。これは消費者にも影響を与えており、ホリデーシーズンを間近に控え、在庫切れメッセージの表示数はコロナ禍前(2020年1月)と比較して172%と大幅に上昇しています。この状況がシーズンを通して継続し、特定の商品分野ではさらに増加すると予測しています。アドビが調査している18カテゴリーの中では、アパレルが最も在庫切れ率が高く、次いでスポーツ用品、ベビー用品、エレクトロニクス製品となっています。
詳しくは以下のリンクからご覧いただけます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000206.000041087.html
物理的なプレゼントもいいですが、デジタルアイテムに価値を感じる人が世界中に増えているので、今後は手元に届くタイムラグを気にすることのないプレゼントも主流になりそう。例えばFortnite内で使える服や武器、電子書籍の漫画全巻セット、バーチャル音楽ライブのチケットとVR HMDセット、NFTで保証されたアートなど。ただデータを送るだけだと味気ないので、クリスマスツリーの下でパッケージを皆んなで破る体験も、アイルランドの本物のサンタが日本の子どもたちにプレゼントを配る体験も、メタバース上で出来るようにUXを整えてあげる。ホリデーシーズンに家族や友だちと一緒に過ごすかけがえのない時間の障壁が、テクノロジーやコンテンツで下げていくことが可能だと思うと、毎年どんなアップデートがあるか、楽しみですよね。
日本では、それほど影響ないとは思いますが…米国では、大問題です!

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません