新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もちろん、「悪い円安」だと一回認知すれば相場はpainな方向にしか行きませんから、口が裂けても肯定するはずがありません。

が、会見全体を見る限り、割と認めたな、という印象を私は抱きました。とりわけ輸出が伸びない(伸びにくくなっている)ことへの言及は、周知の話ながら、わざわざ言わない方が良いかなとは感じました。

なお、ファンダメの範囲という話も、これから最も基礎的なファンダメである貿易収支の赤字が拡大するはずですから、「10月時点は適正だったが、貿易赤字が拡大したのだから・・・」という因縁も付けられるでしょう。日銀として為替相場については発言しない(できない)、で一蹴すれば良い話だと思います。
会見中のドル/円は小じっかりでしたので、波乱なく無難に会見をこなされた印象です。
ちなみに、黒田総裁は軽くいなしましたが、矢野論文の質問が出たのは面白かったです。
政府の赤字と借金を拠り所に円売りを仕掛け、日本経済と為替取引の厚みに跳ね返されて火傷をした海外のディーラーは多く、115円を前に跳ね返された今回の円安局面でも何となくそんな印象を受けました。そういう意味で、一気に経済を混乱させるほどの「悪い円安」が直ぐに起きるとは思えません。通貨の強さは国に強さという側面がありますから、日本経済の弱さを考えれば「ファンダメンタルズの範囲内」であるのも事実でしょう。
とはいえ、これ以上の円安が日本経済にとってプラスかどうかは微妙じゃないのかな・・・
円安になれば外貨で稼いだ利益は円建てで膨らみますし、円建ての賃金が世界の中で相対的に安くなるので「輸出や海外子会社収益の増加効果が輸入コストの上昇によるマイナスの影響をかなり上回っている」という現象も起きるでしょう。しかし、それが日本企業を世界の中で相対的に強くし、日本を豊かにするとは思えません。かつてのように円安が輸出主導の経済を活発化させて賃上げに繋がる様子がさほど見られぬなか、エネルギーを始め輸入に頼る資源の価格が上がり、価格に転嫁できない企業の体力を奪い、相対的に賃金が下がった国民を貧しくし、貿易収支を悪化させ、日本経済の体力をじわじわ奪って行きそうに感じます。
表面のドル円相場を見ると110円を挟んで上下しているだけに見えますが、日本の物価が上がらず海外でインフレ傾向が強まる昨今、表面のドル円相場が横這いということは、円の実力(実質実効為替レート)は下がり続けているのです。YCCがさらなる円安進行に繋がる可能性は低く、「日本のインフレが高進するリスクは極めて限定的」であるのは事実でしょうが、真に考えておかなければならないのは、万が一にもそうなったとき、GDPの2.6倍の借金を政府が抱える状況下で、GDPの1.4倍の資産を抱えるに至った日銀に、本当に打つ手があるかどうかじゃないのかな (・・?
そもそも中央銀行員が「悪い円安」と表立って言うはずがないのですが、それは別として、「良い円安」「悪い円安」という言い方は、政策論議を若干ミスリードする言い方と感じます。

例えば、一国の生産性向上が低く、全体としての産業の生産性が他国に比べ劣後する場合、その分自国通貨が安くならないと競争していけない訳です。もちろん、その分、その国の人々は国際比較でみた購買力の低下というコストを払う訳ですが、それが「悪い通貨安」とは言えない。その為替水準でないと国際的に競争していけない訳ですので。でも、だから良いという事では決してなく、根本的な問題は、生産性の伸びの不芳の方にあるわけです。

為替単独で議論をするのではなく、経済全体のあり方を総合的に捉えて議論をしていくことが大事だと思います。とりわけマクロの議論をする場合は。
黒田総裁は現在の円安は日本経済にプラスと表明しています。私もこの程度の円安なら良い円安だと思います。原理原則として、円/ドル相場は95ー115円の均衡水準で安定するのが最も良い状況だと思います。日本は世界最大の純債権国で経常収支も黒字です。総じて円安は日本にとって利益になります。ただ、過度な円安は、輸出業者や外国株投資をする人にはプラスです。しかし、輸入業者やドル建てなど外貨建て借入金がある人にはマイナスです。こうした不公平感が生じるため、為替相場は一定の範囲内で安定するのが望ましいわけです。
黒田ライン(黒田日銀が異次元金融緩和を実施して生じた円安の123円ほどの水準)からはまだまだですので、このような回答は想定範囲内ですね
円安が好ましいかどうかという議論はあるとして、ただ危険な円安というものは黒田総裁は認識しているようです
米国のテーパリングの開始から予想された範囲内かと思いますので、企業もこの程度は対策が十分でしょう。逆に対策が十分でない企業は少し勉強が必要かもしれませんね
過去の為替相場の推移を斟酌すると、113円や114円程度では「円安」とは言えないと思います。

ファンダメンタルズから考えれば、もっと円安になってもおかしくないでしょう。
賛否はあるだろうし良し悪しは実際にあるが、円安に向かうしか日本の財政事情だろうなと。多くの企業の業績に極力影響を与えないように、緩やかにやりたいのが日銀のポジションなのかなと。
日本銀行(にっぽんぎんこう、にほんぎんこう、英語: Bank of Japan)は、日本銀行法(平成9年法律第89号)に基づく財務省所管の認可法人(財務省設置法4条59号)であり、日本国の中央銀行である。 ウィキペディア