新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
別記事からですが、これはまさにその通りと思います:

>  2人は辻元氏が1996年に社会党から衆議院に初当選したころからの付き合いだという。当時は自社さ連立政権で、辻元氏は「山崎先生や加藤紘一先生から学んだことは、『意見や政党、思想信条が違う人でも、すべての人の暮らしと命を守るのが政治』ということ。意見が違う者がとことん議論して、着地点を見つける。時には国民のために妥協も恐れない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5cc55035c3874935504dba6a7965c86ae5cfdc1b

ぶっちゃけ、大局的に見れば政党間の政策の差ってほっとんどないな、と思ったのが今回の印象。自民と立民の違いって、アメリカの共和党と民主党の距離の10分の1くらいに感じます。その中で分かりやすい違いがある夫婦別姓とか女性宮家とかがクローズアップされている。でも結局はどこも多かれ少なかれ税金下げてばら撒きます、と言っている。その政策が良いとは僕には思えないが、しかし日本国民はほとんどのことで合意できるのに、意見が違う幾ばくかのことで歪み合うのは不幸なことですし、それが民主主義が目指すことではないと思うのです。
「小選挙区は辻元清美、比例区は自民党という立場だが、理解をいただきたい。辻元清美が当選すれば、日本の政治のためになる」
なるほど。とはいえ、これは同じ地区から立候補している自民党議員の方は理解しがたいでしょうね。
終わった人が目立つのに必死。まあ燃えてる時点で成功ですね。