新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MBAをわざわざ引き合いに出すのがよくわかりません。MBAがあることと「人の心に通じている」こととは全く別と思います。たまたま著者はそういう方に会われたのかもしれませんが。

ちなみに、昨日のWSJの記事。海外では借金して頑張って勉強してます。
https://www.wsj.com/articles/elite-mba-harvard-stanford-wharton-11635270641?mod=itp_wsj&ru=yahoo
MBAの定義にもよるのでしょうが、字義通り「経営学修士」というなら取得者数はある程度大きな会社の経営者数よりも多いはずですから向き、不向き、というよりポスト数的にそもそもなれないような気がします。
うぉ!葉隠!!!

葉隠とは、「武士道といふは、死ぬ事と見つけたり」で有名な、鍋島藩士が武士の心得を口述したものをまとめた江戸時代の書物です。

殉死することが当たり前だった時代に殉死を禁止していた武将として(私の大好きな)黒田官兵衛も有名です。
【家臣の「殉死」を防ぐために黒田官兵衛が犠牲にしたものとは⁉︎「殿、ワタクシも!」は、ダメ。ゼッタイ。】
https://intojapanwaraku.com/culture/121871/

また高橋紹運による岩屋城の籠城は、直接的には殉死でないけれどほぼ同じような状況でもあります。

「現代社会では仕事で失敗しても、本当に切腹させられることはない。しかし、降格、左遷、解雇は組織で働くビジネスパーソンにとって、ある意味で死に等しいと言える。」
それが保身につながると。保身について書かれている記事を最近はよく目にしますが、最近だとこちらが興味深かったです。
【「高学歴の人」たちがなぜか「没落」していく“ヤバい時代”がまもなくやってくる…!】
https://newspicks.com/news/6255425

切腹する必要はないのだから、もっとやれることはたくさんあるはずですし、記事にあるようにあれこれ理屈を並べているより、やってみることこそがやはり大事ですね。今の時代、広く賛同する人を集めることもできます。本人のwil次第で何事も成せる時代になってきたと思います。