新着Pick

書くだけで仕事はうまくいく。ノートを使った「思考整理」のメリット

ライフハッカー[日本版]
『仕事は1冊のノートで10倍差がつく』(鈴木進介 著、明日香出版社)より、ノートに書くだけ、脳内を整理する「思考整理」のメリットを解説します。
474Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
書くだけで頭が整理され、仕事が生産性高く進めることができるはその通りだと思います。私も常にノート、紙、またはポストイットなどに書いています。
モヤモヤしているとき、頭が止まっているときだと思いますが、書き出すと、自分で自分に、客観的にどうして今モヤモヤしているの?と問いてみることができます。
見える化されたことに対しては自分が自分に信頼が持てるのだと思うのです。
1日終わった時に寝る前にですが、感謝の気持ち、誰にまだ感謝をお伝えしていなかったとか、振り返りも書き出してみるといいですよ。
ブレインダンピングの重要性は脳科学の世界では当たり前となっている。自身の思考の整理のためにノートを用いて、言語化することは本当に有益だと思う。ノートに記述した内容を眺めながら自身の思考を客観視できることは、鏡で自身の姿を見ることと同意である。偏重性や見落とし、自身の癖も把握することが可能になる。書くことが、自ら"気づく"アクショントリガーとなる。改めて、ノートは使い方次第で最強のツールとなるが、私の場合、お気に入りのペンが欠かせないです。書き味によって、"書く"に向き合う気持ちに違いが生じる…。自身の"相棒"として長く付き合いたいですね。
今月からnoteを書き始めているのですが、想像していたよりスムーズに書けますし、この記事の仰る通り、思考の整理ももちろんできます。
また、きちんと形になって保存できるので後から見返すのも楽しいですし、もっと時間が経てばいい思い出にもなり自己肯定感や自分への理解が進むなと思っています。
自分の頭の中を俯瞰して見るのにA4の方眼紙に図や字を書くことは、ずっと続けてます。そしたら、自分の考えの誤りにも気付ける。なんでも自分が正しいと思っていたらうまくいきませんからね
#キャリアコンサルタント
デジタルノートで整理をすると紙ノートで整理をする効果の違いも知りたい。。