新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の「地域脱炭素ロードマップ」案における「脱炭素ドミノ」は、先行地域から脱炭素の取り組みを波及させて総合的に2050年よりも早くカーボンニュートラルを達成することを示します。

一方で、カーボンニュートラル目標は企業や業界によって温度差や相違があるため、先行事業者が関連事業者と足並みが揃わずに目標年に脱炭素を達成できないと想定される場合に、関連事業者へプレッシャーをかける、または取引先変更を仄めかすことにより、目標の引き上げや前倒し対応をせざるを得なくするという「脱炭素逆ドミノ」も起こりそうです。

>航空業界が掲げる2050年の排出量実質ゼロ目標が、企業の出張に伴う排出量の短期的な削減目標に整合的ではないからだと説明した。