新着Pick
604Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
内部分析はしっかり網羅されているが、最も大きな要因は外部分析、
すなわちEVひいてはエネルギーマネジメントカンパニーのリーディングポジション獲得、これにより脱炭素•ESGブームによる機関投資家マネーの獲得、ゆえに
PER株価収益倍率328倍、予想ベースで152倍
同じ値がトヨタで9倍、 12倍

1兆ドルまで企業価値を持ち上げた直接的に最も大きなインパクトは因数分解するなら内部分析(利益の中身)よりもこれ(利益の何倍買われているか)でしょう。
テスラの時価総額が一時、1兆ドルを上回りました。
自動車業界が半導体不足に苦しむ中で、なぜテスラだけがここまで突出しているのか、アナリストの分析やテスラ幹部の発言を交えて解説しました。

ちなみに、テスラの去年の新車販売台数は約50万台。今年は75〜80万台ほどではないかと見られます。来年は新工場も稼働するので、100万台に達してスバルあたりを超えそうな情勢です。
ただ、難しいのは、それでもさしたるインパクトがない点ではないでしょうか。100兆円企業にもなってくると(必ずしも台数にこだわる必要もありませんが)もっと大きいインパクトが必要な気がします。イーロン・マスクは以前に既存の自動車メーカー買収をほのめかしていましたが、来年あたり実行に移す可能性はあるかもしれません。
テスラの時価総額云々もあるけど、宇宙開発企業SpaceXも含めて、イーロン・マスクは人類の新たなインフラを作っていると思います。まだ通過点でしょうし、21世紀のmega industrialistになって、かつてのヘンリー・フォードとか、アンドリュー・カーネギーとか、JPモルガンとか、スティーブ・ジョブス and/or ビル・ゲイツとかと並び立つ、あるいは超えるようなインパクトを残すのか、今後どこまで走り続けるのか、などなど色々気になります。
ソフトウェアの強みで半導体危機をうまく乗り切れる、とはソフトウェアを信じない人にはピンとこないと思います。採用面接ではこういう題材で質問をすると、ソフトウェアとハードウェアの交差点をどのように考え、不確実性や常態化する変化をどのようにテクノロジーによってマネジメント可能なものにするか?について、その人がどのような視点と能力や経験を持っているか、それがどのような常識や環境で作られたものか判断する材料になります。経営者への同様もそうかもしれません。
テスラの時価総額が正しいのかどうか、という議論は最早あまり意味がないですが、合理的に説明出来ない部分があることは間違いないと思います。

現在の売上・純利益・販売台数などに鑑みれば、「将来に対する期待」が株価を構成している大部分だということは明らかです。ただ、そうすると「ハーツから10万台を受注」という足元の報道で株価が急騰するというのはおかしい。また、ビットコインのニュースでテスラの株価が変動するのもおかしい。

テスラの未来を本気で信じている長期投資家もいる一方で、投機的な人達もたくさんいる。なので、今後上がるのか下がるのかは、知りませんが、引き続きボラティリティが高い銘柄であり続けるということは間違いないかと思います。
半導体不足の回避については、下記が詳しい。
様々なモジュールの違いの対応をどこでするか(ソフトウェアでするか、一定ハードもするか、その閾値や検証をどうするか)など簡単ではないし、またリスクも上がる。
とはいえ、現在それをやっている現実というのはすごいと思う。
https://newspicks.com/news/6289271
なぜ1兆ドルなのかではなく、何故業績好調なのか、という内容ですね
それが株価にいくのは、もちろん将来の成長期待がベースですが、加えて過剰流動性による投資マネーのだぶつきに、更にESG・脱炭素マネーの集中のコンボ、ということなんでしょうね
それだけ集中するようになったのはもちろん事業が好調だから、ということではありますが
Teslaの株価については賛否両論あるかとおもいますが、私はいちユーザーとして非常に便利に使っております。

先日、1,000人限定でβ版配布が始まったFull Self Driving「Early Access Beta Program」ですが、運よく私も選ばれることができたので、市街地を自動運転で走ってみました。

歩道がない狭い車道を走る際には、散歩中の歩行者を認識して避けるなど、感動的な乗車体験をすることができました。自動車産業は画期的な一歩を踏み出したのではないかと感じています。
時価総額1兆ドルは、市場の期待の現れ。将来の成長性に資金が集まっています。増産体制ができあがれば、一気に世界の自動車市場のシェアでトップに躍り出る可能性もある。世界的な気候変動への対応が追い風になっています。
株価は将来の売上や利益成長を予想して織り込んでいくわけですが、予想は少しずつ実現していきます。
ESGはプロフィッタブルなのか?という点でも同じで、テスラはEV専業だからESGに合致すると言っても売れなければ意味がないわけです。トヨタの1/10しか車を売っていないのに3倍以上の時価総額がついているのは少しずつ実現しています。
ESGを投資が後押しするというのは現実に連鎖反応が起きる。例えばレンタカー会社が自分で二酸化炭素を減らすにはガソリン車からEVにシフトするしかないわけです。ESG投資は社会貢献でもあり、プロフィッタブルなんだと改めて実感します
"米レンタカー会社のハーツから「モデル3」10万台を受注している。"
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
時価総額
122 兆円

業績

Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
301 兆円

業績