新着Pick
306Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「僕の作詞作曲なんて、ただのなんてことない触媒で、それをTERUが歌うから、JIROが弾くから、HISASHIが弾くから価値あるものになる。俺はGLAYを死ぬまでやりたい。」

とのことなので、97年から24年間GLAYファンで、すべての曲の歌詞が頭に入っていて、毎日NewsPicksの投稿をしている僕だからできるコメントをしようと思います。

まず配信ライブは本当にありがたかったです。「GLAYは2020年5月に東京ドームとナゴヤドーム、12月に札幌ドームでライブを予定していたが、いずれも中止を余儀なくされた」とあるように私の場合、東京ドームは2Daysどっちも自身のライブ参戦史上最高の抽選運だったので、本当に残念でした。5月の東京ドームのチケットを持っている人は、年末に行われる予定だった札幌に振替の手続きが取られました。でも札幌も中止になった。ファンはGLAYとの接点を欲していました。

ちなみに最初に行われた配信ライブは無許可撮影だったとニュースでネガティブな意味で話題になってしまいましたが、後にそれは無許可じゃなかった、誤報だったことを新聞社も訂正をしています。https://togetter.com/li/1585630

ファンはGLAYの元気な姿を見られて本当に良かったです。あと、CDの良さとライブの良さがあるので、少なくともそれが感じられるので配信ライブはありがたいです。個人的には「いくぞー!!!!」とかが無いのは寂しいので、配信ライブでもやってほしいw

さて、話は変わってTAKUROの記事に出てくる「言葉」に触れてみようと思います。

>自分の信じる「生業としての仕事」って、誰かの役に立って、お礼として金銭を頂くものじゃないですか。誰かのために生きて働いて、

TAKUROは2006年に『誰かの為に生きる』という曲を書いています。サビの歌詞は「誰かの為に生きる それも悪くないね」だったで、何か価値観が変わったのかなと感じました。

>半径2メートル
『初恋を唄え』という曲があり、まさに初恋を歌った甘酸っぱい歌なのですが、
「好きとは言えずとも 2センチだけあなたのそばに」という歌詞があるんです。
距離の近さを2メートルと表現したTAKUROが、書く2センチの儚さが愛おしく感じます。

ということで、サブスクでぜひ聴いてみてください!!(千文字)
それでも心なぞる5月の風、涙流れても優しくて...

1998年発売のGLAYのアルバム「pure soul」の3曲目にある、知る人ぞ知る春の出会いと別れを謳う名曲「May Fair」。その曲に出てくる素敵な言葉(フレーズ)です。

「心なぞる、優しい風」は3月が吹く「春一番」のような。それまでは痛いほどに冷たかった風が、柔らかくなる瞬間に逢う。誰しもが高校や中学時代の、在りし日に感じた青春の一幕。

ところが、です。May Fairに出てくる5月の風って「生ぬるい」!?

と、考えると、「なるほど、函館の春一番は5月に吹くのか」と膝を打ち
念のため、函館出身の友人に問うたところ

「間違いない」
さらっとすごいことが書いてあります。自らの好きなように曲を使えるということですね。
”GLAYは2005年に独立。現在はメンバー自ら事務所を運営している。代表取締役を務めるのはTAKUROだ。以前所属していた事務所から、楽曲を録音・販売する原盤権やファンクラブの運営権などを買い取っている。”
大好きだった。高校生の時、衝撃だった。

今、特にアラフォー世代は何かと挟まれてるんだけど、自分らしさを見失わずに生きていきたいね。
各公演が一本限りの配信ライブは、反省点があろうがなかろうが、それっきり。成長しない子どもを見ているような感じでした。俺はそこで心折れたんです。
TAKURO、流石に歳取りましたね。変わらずカッコいいですが。
なりたかった大人、
らしさの大人像
そこに自分を重ねる人々が創る音楽