新着Pick
302Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
良いプレゼン! 一番重要なのは会社のステージによって取るべき戦略も、採用すべき人材も変わる。変わり続けれる組織を作り続けれるかが何よりも重要
「うゎぁ、分かるわぁ」という感じ。とくにクソフェーズとユルフワくそ野郎問題はまさにそう。あとは、フェーズ毎に必要人材要件が変わってくるので、いかに適材適所マインドに創業メンバーがなれるか。
野武士問題は「ベンチャーあるある」です。サービスが複雑化してくると、昔ながらの気合での解決方法(営業力でカバー、対処療法で解決など)は本当に通用しなくなる。

>こういう多機能化で製品が高クオリティ化してくると、野武士だけだと対応できなくなるんですね。このプロダクトを使って、どうやってお客様の課題を解決していくか。多機能になっていけばなっていくほど、提供出来るバリューの選択肢が増えるので、お客さんの課題ごとに、その提供バリューを組み合わせて違う物をカスタマイズして提供していくっていうのが基本になります。
これはスタートアップあるあるで、どれもが金言。クソブロガーの話が割とインパクトがあると思うのですが、佐藤さんが全編を通じて言っていたのはそれぞれ本質的な価値あることはなんなのかと言うことを考えていくべきとのことな気がしてる。また、NewsPicksでもかなり読まれてて、その火付け役は國光さん!
読みやすいな〜。短い時間の中でも採用すべき人材は変わる。フェーズによって、しっかり変えていくことはもちろん、フェーズが変わった時にそれぞれの人材をどう活かすか考えないといけないな〜
これ大会社の組織や事業でも同じですね。変化のスピードはもちろん違うけれど。「どうやって自分以外の周りを成功させてあげられるか」これは常に意識したい。あとは「最後は責任取るから」を正しく伝えることかなあ。
クソブロガー問題クソワロタ。成功事例って後付けだったりもするけど、こういう失敗学はとても勉強になる。
エンジニアブログのお話がリアル過ぎて面白いですね
”優秀な子と生産性が高いことはマジで違うんで、それは騙されやすい問題です。”
そもそもネーミングセンスがスゴイ
株式会社フリークアウト・ホールディングス(英語: FreakOut Holdings, inc.)は、東京都港区六本木に本社を置く、アドテクノロジーを開発・展開するフリークアウト・グループ企業の経営戦略の策定・管理を行う持株会社である。2010年10月1日創業。 ウィキペディア
時価総額
282 億円

業績

株式会社イグニスは、スマートフォン向けアプリを制作・運営を行う日本の株式会社である。東京証券取引所マザーズ市場の上場企業である。 ウィキペディア
時価総額
203 億円

業績