新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テスラが日本時間の今朝(米国時間20日)、2021年7-9月期決算を発表しました。

売上高は前年比57%増の138億ドル、営業利益は前年比148%増の20億ドル、そして営業利益率は14.6%を記録しました。

世界のトップ自動車メーカーにおいて、EVでの量産化・収益化が中長期的な目標でしかないなかで、テスラはいち早く量産化・収益化を実現しただけではなく、イーロンマスクが予ねてから掲げてきた数々の大胆な目標のなかでも、「中期の定量目標営業利益率10%台」をまたもや有言実行したことが注目されます。

さらに営業利益率の中身を見ると生産コストの低減が同率向上の大きな要因となっており、「収益化」という意味でも大きく前進しています。

私はテスラを自動車メーカーとしてだけではなく、テクノロジー企業、さらにはクリーンエネルギーのエコシステム企業として評価してきていますが、EVメーカーとしてEVの量産化・収益化をさらに万全としている同社の成長は本当に高く評価されるものであると思います。

なお、最近では異業種からEVへの参入が相次いでいますが、CASE(コネクト・自動化・サービス化・EV化)を競争の条件としている次世代自動車産業においては、すでに競争はハードとしての車ではなく、ソフト、さらにはプラットフォームやエコシステムに移ってきていることを理解することが最も重要だと思っています。

アップルがiPodを発売したばかりの時、ハードの戦いであると勘違いして多くの異業種メーカーまで携帯音声ハードに参入し失敗しましたが、iPodやiPhoneがプラットフォームやエコシステムの中核であったように、テスラのEVも次世代自動車のプラットフォームやエコシステムの一部であることを認識するのが重要です。
営業利益率も一気に業界でトップクラスとなってきているけど、今後全てのモデルの標準走行距離バージョンにはコバルトもニッケルも要らずリサイクルも容易なLFP電池を搭載するという発表があって更に収益性は高まってきそう #TSLA
テスラの第3四半期決算が発表(詳細は下記リンクをご参照ください)
世界的な半導体不足の中で納入台数が過去最高に。
売上高が前年同期比57%増、純利益は4.9倍。
ただ、半導体不足については今後テスラにも影響が出てくる可能性は示唆しています。
https://bit.ly/3vuaLPB
原価低減だけでも100年以上の歴史を持ち、数万品にも至る部品数のため、もっとも規模の経済が働くコンシューマー向けの自動車市場において、テスラは、後発ながら20年ちょっとで営業利益10%台の黒字を達成しました。本当にすごいという一言につきます。今回は炭素排出権取引による収入は減少してることから、車そのものの競争力が上がってると評価できます。

テスラは、まず、垂直統合で工程の多くを内製化することで、原価率を極限までに押さえました。また、電気自動車となり、部品数が減ったことも外部調達費を押さえた要因となっています。さらに、車内にはタッチパネルだけをおいて、物理ボタンをなくしており、細々とした部品、パーツの調達および製作費用までもおさえています。もっと言うと、テスラは車に入る電送品のミドルウェアや制御のソフトウェアまでも内製化しており、電送品の箱だけを買うことで安く仕入れ、原価低減に繋げています。おまけに自動運転などのソフトウェアサービスをサブスクリプションで販売しており、収益貢献にもつなげています。

テスラは、環境問題が叫ばれる中で、車のあるべきビジョンを提示し、競争力があることを証明いたしました。テスラは、まだまだ販売台数が少なく、販売台数の増加には、不具合やメンテナンス対応、セダン以外のラインナップの増強など、様々な壁があります。それでも、テスラは、その壁を乗り越えてくれるというわくわく感があります。

最後に好きな言葉を残します。
「テスラが不可能に見える楽観的な発言をしたとしても、彼が最高の実験家であることを忘れてはならない。時間さえ与えれば、彼はそれが単なるホラではないことを立証するだろう。(トーマス·エジソン 1896年)」
排出権ビジネスを除いても立派な黒字。遂に突き抜けた感があります。
満足した瞬間から下降が始まると思うので、気を抜かず成長して欲しいですね。

過去NPコメント欄はテスラに対し賛否両論がありました。それらが良いとか悪いとか決して無くて。一つ注目に値していたという点では、満場一致だった様な気がします。その事が投資の面でも深い理解になり、良い結果にも繋がった様に思います。#tsla