新着Pick
402Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
裙本さんの処女作の編集発行をさせていただいている干場です。彼との最初の出会いは、たまたまネットに流れてきたforbs online の彼の記事。何かピピピッときてググると、NewsPicks のシゴテツで丁寧な連載記事が!

まあ! 今はこんなナチュラルな起業家が生まれつつあるんだ! と感動、会いたい! と思いました。
で、FBを調べるとなさっていたので、早速友達申請&メッセンジャー。そうして、お会いすることになったのが、昨年の9/2でした。

私と、私が創業以来2019年まで社長を務めたDiscover21は、勝間和代さんの発掘で、一般には最初に知られるようになりましたが、勝間さんとはある意味、真逆な価値観の裙本さんですが、新しい時代を代表する人のオーラという点で、勝間さんと会った時と同じ、興奮を覚えました。

その場で、翌年(つまり今年)、創設を予定していた新出版社の新レーベル BOW BOOKS での出版を依頼しました。まさに、BOW BOOKS創刊に相応しい著者であり、そのメッセージでした。創刊が予定より半年近く遅れたのは、度重なる緊急事態宣言のこともありますが、彼の脱稿を待っていたという事情もあります。記事中にもある『ミレニアル・スタートアップ』です。

現在、Amazonは予約受付中。紀伊國屋書店さんの新宿と梅田で先行販売中。来週10月26日から全国主要書店さんでの展開となります。

今もテレビの政権放送で候補者たちが「新しい資本主義」「新しい日本」と盛んに叫んでいますが、すでに実践している若者たちがいる、そこへの期待は、何より上場2期目で企業価値1000億超という数字が示していると、政官の方々にも是非読んでもらいたい。
裙本さんと言えば、(前編記事のように)成功の定義の仕方、事業の立ち上げ方、組織の運営方法に注目が集まるのですが、私が個人的に興味を惹かれたのが「コミュニティへの向き合い方」です。ここまで社外コミュニティに有意義に向き合っている方も、ほとんどいないのではないでしょうか。今回は他のインタビューではあまり深堀りされない、コミュニティや仲間づくりについて、存分に伺いました。
「ギブアンドギブ」は重要で、それができると長く付き合えます。でも、若いころはなくてなかなかできないんですよね。アメリカのビジネススクール時代に「パッとしない」同級生が後に成功したという話を聞くにつけ、自分にもう少し余裕があれば彼、彼女らとももっと深い付き合いができただろうなと思ったりします(これがそもそもテイク思考?)。
このコメントは激しく同意。私も、梅田さんが近くでNewsPicksを立ち上げているのを目の当たりにしていたからこそ、事業を立ち上げることが身近になり、自分でもできるのではないか、という根拠がない自信につながり、実際に事業を立ち上げる楽しさを味わうことができた。NewsPicksスタートアップで起業を身近にしていきたい。

「さらに、選択肢の中に「起業」が入ってきたのも、チームで須田さんや南さんといった先輩方が実際にチャレンジしていたのを目の当たりにしたからです。
起業とはどのようなものか、実際に実行している人が身近にいないと、なかなかイメージがわきません。細かく薫陶を受けたわけではありませんが、身近な人から起業のリアルを学べたのは大きな経験でした。」
『心を持つためには、他人の声に一切耳を傾けずに、自分の内なる声に耳を傾けることが大切だと思います。人からどう思われるとか、マジで関係ない。
本当に僕は何が好きなのか。自分に嘘をつかずに、圧倒的に自己中心的になって考えることです。』

自分の中にブレない軸を持つと思考がシンプルになり、迷いが少なくなる。そうすると言葉にも力が生まれやすくなるし、結果もついてきやすくなる。
まさにプランド・ハップンスタンス https://jinjibu.jp/keyword/detl/974/ って感じだと思いました。やりたいことをやることで無意識に次につながっていく。でも次につなげたくて始めると打算につながりやすくなりますよね。行動するときに論理よりも感情を大事にすることが必要なのかも…と思いました。

あと、話それますが、質問への回答がホント端的で、流れるように読めました。こういったやりとりできることがコミュニケーション力があるってことです、と例示するのにぴったりな内容だと感じました。
顧客あってのビジネス。最優先に考えるべきは、顧客の利便性追求ですね。人はひとりで生きられないのと同様、企業も顧客がいなければ存続できません。自社と顧客を含むコミュニティを大切にすることが大切だと感じました。
質の高いコミュニティにはこんなスタンスの人が一定数いないといけませんね「コミュニティに所属するなかで心がけていること…打算的な考えを捨てることです。得るものだけ得てやろう、というテイクアンドテイクのスタンスは絶対NGですね。僕が心がけているのは、ギブアンドギブ」
今の若い起業家世代にはIVSやICC、B dashなどの大規模カンファレンスがコミュニティの基盤になってるように思います。
心を持つためには、他人の声に一切耳を傾けずに、自分の内なる声に耳を傾けることが大切だと思います。人からどう思われるとか、マジで関係ない。

という人の集まりが82ですなw
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。

業績