新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
マツダはブランドの生き残りを賭けて、できることはなんでもやる姿勢です。ダイハツ、スバル、スズキと比べて、トヨタアライアンスでの立ち位置は少々異なります。
国産メーカーは将来的に二大勢力に収斂されると見る向きは多いと思います。果てさて。
人気 Picker
長年のMBD経験蓄積が生きているような気がしますねぇ デジタルツインという舶来マーケティング用語が作られるずっと以前からの蓄積が そこを学びたいのでしょうねぇ、トヨタさんも
上手くいくかは分からない。だけど、下記のコンセプトというか何を固定・共有、変動・固有と判断するは、自動車に限らず、様々な事業・経営の最重要点だと思っている。
ここのコンセプトがしっかりして、そこと執行が合うと最強。固定・共有部分で連続性が生まれ、ベースがしっかりと成長したり効率化がされる。そして変動・固有部分が変化や個別最適を可能にする。でもそこをどう分けるかがものすごく難しいし、分けた後はそこを信じて賭けてやり続けることが固定・共有部分を成功に導くために必要なリスクテイク。
だけど、それを上手くリスクテイクすれば、リターンはとても大きい。
『同社は、今後造るクルマがどのように進化あるいは変化しても、普遍的で変わらない部分を「固定要素」、変わり得る部分を「変動要素」と大きく2つに分ける。その上で前者の固定要素に着目し、車種によらず共通するクルマや部品の固定ポイントなどを見いだす。』
混流はこれから必要な概念。一品量産を凌駕する知恵が溜まっていく。
モデルベース開発だけでなく、金型図面の電子データ化もやられてますものね。
工場見学はいくつも行きましたが、マツダの混流生産はすごいですよね。ラインに違う車種が流れてくるのを見ると、「これかー」とちょっと感動します。
マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
5,718 億円

業績