新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
北朝鮮の労働新聞は、先ほど北朝鮮国防科学院の発射した新型SLBMの映像を公開しました。

今回のSLBM発射実験は、建造中の新型潜水艦によるものとの見方もありましたが、合わせて発表された声明によると発射したのは前回の試験にも使用された8.24英雄艦、即ちゴレ級で、SLBM3発搭載できるとされる新造潜水艦(新浦ーC型)ではないようです。

新しい点は、高度・飛距離、画像を検討するに、ロシアのイスカンデルを模倣したとされる最新鋭ミサイルKN23/24を改良し、制御翼と発射ブースターを装備させた新型ミサイルだとみられる点です。
つまりこのミサイルは、従来のSLBMのように核を積んでいざという時に遠距離から敵本土を狙う戦略的な物ではなく、比較的近い距離から戦術ミサイルで奇襲する目的のものだと推定されます。
イスカンデル型ミサイルは、発射後低空を複雑な軌道を描いて目標に到達するため、迎撃が難しい特徴があります。
この新型SLBMは、潜水艦を母艦とすることで、ミサイルの生存性や奇襲性を更に高めることを狙った物かもしれません。

いずれせよ北朝鮮のミサイル分野での技術成長はめざましく、日本もうかうかしていられない状況なのは確かです。
19日のミサイル発射は、9月から北朝鮮が発射してきた一連の新型ミサイル発射実験のひとつであることがわかった。発射翌日に国防科学院が発表すること、「新型」を強調することなどはこれまで通り。潜水艦から潜水艦発射弾道ミサイルを実際に発射するのは初めてであり、技術力は急速に向上している。潜水艦から発射する戦略兵器であるから、米国に対する抑止力を確実なものにすることを目標にしたもので、軍事技術上の狙いからの発射実験だった。
潜水艦から発射できると格段に対象となるターゲットの範囲が広くなる。こうなってくるとアメリカも動かざるを得なくなってくるのでは。ただ世界警察を辞めたいアメリカとしては東アジアの緊張は東アジアのものとしておきたい気持ちもあるだろうけど。北朝鮮からするとそれを避けたいアピールなのでしょうね。
折角、北朝鮮が自民党に援護射撃をしてくれているのに、首相も官房長官も官邸を外していて活かせないなんて。
間髪入れずに「イージスアショアを再検討します」、とか発表することとかできないのかね。
ちょうど日米韓で情報機関の長が集まって北朝鮮関連の意見交換をしている中で、こうしたミサイル実験をするというのは結構挑発的。まあ、それでも北朝鮮が着実に技術開発を進めているのは、何とも嫌な感じがする…。