新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トラブル続きの改善策として川崎重工が入り、立て直しが進んできました。遅延もだいぶ減った感じがあり、駅で待っていて川崎重工の車両が来ると安心感があります(整備が良かった80年代の状況に近い感じ)。ただ、今回の件で今後がどうなるのかは懸念されます。

今年5月には日立の参入も決まり、ワシントンのメトロは、管理システムそのものも売り込む日本メーカーの世界的なショーケースと言われていました。
川崎重工の鉄道車両は、北米で走る多くがニューヨーク郊外の現地工場での生産と思われます。日本の鉄道車両製造のスキルは高く、NTSBが車両の何を問題視しているかに関心があります。一般論ですが、アメリカの鉄道は、運行管理と保線が別会社であることが常で、その視点からすれば、線路側には問題はなかったのか…疑問が残ります。

鉄道文化は、日米で違います。新幹線の海外輸出を取材した際、日米の鉄道当局の見解の違いが色濃くでたのが「衝突基準」の考え方です。日本は安全管理システムで列車を制御し、衝突しない、させない考え方に立ち、車両を軽量化して高速化をはかっています。一方のアメリカは、衝突しても壊れにくい、硬く頑丈な車両を求め、必然的に車両重量は重くなります。

マンハッタンから北上するメトロノースの一部車両が神戸工場で製造されていた時、取材したことがありますが、アメリカ車両は運転手を守る組合的な考え方も強く、戦車に匹敵する強さを求められるとのことでした。

NY市内の地下鉄にも川重車両は多く、今後の原因調査が気になります。
ワシントン首都圏の地下鉄で川崎重工業製の車両が12日に脱線事故を起こした件に絡み、米国家運輸安全委員会(NTSB)の委員長は18日、各地域の交通局に対して川崎重工業製の鉄道車両の点検を「緊急勧告」する可能性があるとのこと。

減便などの影響も出ているようです。
「ワシントン首都交通局は18日、保有車両の約6割に当たる7000系の全車両の運行を一時停止。大幅な減便体制は少なくとも24日まで続く」
川崎重工業株式会社(かわさきじゅうこうぎょう、英語: Kawasaki Heavy Industries, Ltd.)は、東京都港区と兵庫県神戸市中央区に本社を置く日本の企業である。オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶・軍事ヘリコプターなどの輸送機器、その他機械装置を製造している。三菱重工業(MHI)・IHI(旧石川島播磨重工業)と共に三大重工企業の一角を成す。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3,281 億円

業績