新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
任期満了の期日が迫り、総選挙は確実に行われることがわかっていただけに、早めの準備ができなかったでしょうか。

在外投票を2回ほど経験しました。領事館で投票を行いましたが、まだインターネットによる選挙活動が解禁前の時代だったので、海外の有権者はどうやって候補者を知るのか?素朴な疑問を取材した経験があります。

その時代、使える唯一のツールは「選挙公報」でした。私が投票したNYや北京、上海は、日本人が多く航空便も豊富だったため気にすることはなかったですが、例えばアフリカの交通事情がよくない国に暮らしている日本人が目にするには、輸送にかかるそれなりの時間を想定しなければならない…これは投票用紙の輸送も同じ、そんな話を領事館で聞きました。

この時、いずれインターネット投票が議論され、選挙公報の課題も解消されると考えていましたが、当時の国の見解は、公報閲覧のための専用ネット環境を整備・維持管理する予算が課題ということでした。

ネット選挙が解禁され、候補者の主張は海外でも受け取れるようになりましたが、投票についてはハッキングの恐れなど、まだまだ課題は多いように思います。
明らかな凡ミスです。解散してからで間に合う、というこれまでの思い込みが災いしたことになりますが、弁解の余地はありません。ただ、マクロ的に見ると、緊急事態宣言下のリモートワーク、ワクチン接種券の発送をはじめ初めての対応が続き、行政機関に疲れが出ているのは事実だと思います。コロナ禍の教訓は、公務員への長年の厳しい風潮が生んだ副作用の大きさです。経済では新自由主義からの脱却が言われていますが、行政もDXを含めてそのあり方や位置付けを見直すべき時期でしょう。
任期満了をまたぐ解散総選挙という異例の事態に、勘違いがあったのでしょうか。ただ、選挙は民主主義の根幹であり、その権利行使をさまたげことは、憲法に抵触します。大きな問題で、なんらかの代替策はないものか。
追記:今朝 NYの方から無事投票用紙が届いたというお話を聞きました。今回はコロナということもあり、在外公館のサイトを見ると「郵送」を推奨しています。しかし郵送は自費負担。まずは郵送投票等請求書をダウンロード(または適当な紙に書いてもいい)して自分の登録自治体に郵送(自費)。無事に投票用紙が届いたら、それも郵送(自費)。このアナログさはなんなのでしょう?
パリの友人より「今回は解散から投票まで2週間あるかないかでしたよね……在外公館に行かない限り実質無理では……」
ツイッターで嘆いている方は、在外公館まで飛行機でいかなければいけないなどの事情のある方などもいました。


相変わらずのアナログなやり方の弊害ですね。投票は国民の権利です。もう20年以上前ですが、アメリカ人の上司の下に当時はDHLで投票用紙が送られてきていました。民主主義とはこういうものだと思ったことを覚えています。
以前もコメントしましたが、そもそも在外選挙人証を入手するのがものすごく大変。
(暇な人はいいかも知れんが駐在員そんなにヒマじゃないですよ…)
何とかしてほしい。

https://newspicks.com/news/4053581/?utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare&utm_source=newspicks&invoker=np_urlshare_uid238697
酷すぎる、間に合わなかったらどうその一票を評価するのでしょうね。しかしこんな記事を有料化してる毎日新聞終わってるわー。
【政治】海外勤務の際に在外投票登録が間に合わずに投票できなかった経験がある者としては、在外投票制度の整備はかねてより求めてきたこと。2016年にこの問題に関する記事を書いたことがあるので、以下添付しておく。

投票権を獲得して感じたこと
https://ameblo.jp/special-providence/entry-12179642407.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=39b2020b3147466890277d01bfcf5b68
今回の公示から投開票日の短さで気になるのが、在外投票の方。
当初から懸念されていましたが東京都港区は「公職選挙法施行令などによると、投票用紙の請求があった在外邦人に対しては任期満了60日前にあたる8月22日以降直ちに発送しなければならないが、港区が発送を始めたのは10月11日で、法令違反の可能性がある」と毎日新聞。また、発送が遅れなくても間に合うのかという懸念の声もついったなどでは見かけますが..
ちょっと内容を逸れます。。
インターネットの中の人ですが、完全なセキュリティが担保され、且つ本人が自由意志で投票したと証明できるインターネット投票の仕組みは今のところ実現できないようです。

メールですら他人になりすまして受信することが可能ですから、投票用紙のデジタル化も難しいかと。

アナログですが紙の投票用紙を発送するのが今のところいちばん安全のようです。
もうオンラインも選択肢にしませんか⁉︎