新着Pick

スマホで目を撮影しコロナ感染判定、東洋人の精度は90%超。中国チーム開発

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年始めにはドイツのベンチャーも似た技術を発表しています。

ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テストが開発された
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/04/post-96073.php
困るのはDLがどうやって判別してるのか説明できないところ
https://arxiv.org/abs/2109.08807
ビオンテックの方が以前にコロナは10年は続くと仰っていました。昨年の同時期と比べて、日本はワクチン摂取率ほぼ7割。

状況は次第に変化して容易に感染か否か判断できるようにもなるとおもいます。

厚労省のオープンデータを拝見していましたが、第4波と第5波の感染数だけフォーカスすると、圧倒的に5波が多かったですが、死者数は第4波の方が多かったという事は、死者数をよく見るとやはりワクチンの影響は高いかな、と。
たくさんあるんですかねぇ、学習データが
画像認識+AIによる検査ツール。いいね。正式な検査に代替しなくても自己診断ニーズは強そう。ドイツでもこうした技術が開発されているとか。日本発のニュースが乏しい。
たとえ100%正確な判定ができなかったとしても、PCR検査を受けるべきかを判定するための補助として十分に活用できると思います。
またこの技術が将来発生する感染症、その他の病気にも対応できるような進化を遂げることができたらと思うと非常に楽しみです!
要素が複雑な性格診断とかは難しくても単一の個人情報くらい顔から読み取れる様になったりして。
漢方では、目も重要な診断要素なので、そこから、いろいろなことが診断できる可能性はありますね。

新型コロナウィルスといった急性の疾患だけでなく、体全体の健康状態を把握するためにも活用できるようになるとよいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
なかなか面白い研究。水際対策などでは役に立ちそうな技術ですね。ただどうやって判定しているかはAIだと詳細なロジックが分からないのかもしれませんね。そうだとしたら今後の変異株の感染で有効でい続けるかどうかとか課題になるかもしれませんし、本当に簡易なフィルタリングに使うのみになるかもしれません。まあそれでも使えるケースは色々とありそうですが。