新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事によると、スペインの電力における風力の構成比は2割。そこが2割減少すると全体では-4%。でも-4%でもこういう影響がある。

エネルギーはこういう性質がある。
景気やエネルギー価格はエネルギー需要に影響するものの、長期で見ると極めて安定的にエネルギー需要は増加してきた。①でコメントしたが、2020年4月時点でのBPのWorld Energy Outlookを見ると、一次エネルギーの成長率は1995~2017年で年率+2.1%(うちOECD+0.4%、非OECD+3.9%)、また2040年までは年率+1.2%の成長を見込んでいた。
また、OPECの減産などが話題になるが、その調整も全体の生産量に対して数%という幅(②)。一方、昨年の原油先物マイナスの記憶が新しいが、電気は作ったら貯めにくいし、原油・ガスも掘ったら一定の在庫しか貯められないので、在庫に対してのセンシティビティが極めて高い(③)。

そのなかで元々再エネは生産量にボラがある。複数の種類・地域を組み合わせることで一定相殺できるが、構成比が大きくなると全体への影響も大きくなってくる。
そして、化石燃料の資源も電源も、カーボンニュートラルの流れのなかでここしばらくは過少投資。エネルギーについても、シリコンサイクルのように、過剰と過少の合成波が成長しながら影響するようになっていきそう。

https://newspicks.com/news/4865212
https://newspicks.com/news/4231550
https://newspicks.com/news/4823424
LNGのように価格が上下動しやすい資源に依存するとまた昨冬のような売電での混乱や今冬の急騰みたいな不安定さがありますのでやはりまだ原子力の出番はあるのでは。