新着Pick
383Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
物価指数の本質的問題を取り上げた良記事と思いました。
インフレ率は「物価指数の前年比」で表されることが多い訳ですが、現実には「去年と全く同じモノやサービス」を探す方が難しい。そこで品質調整という手法が使われる訳ですが、これは様々な問題を伴います。

まず、全てのモノやサービスに品質調整をかけているのではなく、現実には「品質調整しやすいモノ」を恣意的に選んで品質調整を行っていることです。
例えばPCなら、CPUやメモリー性能など定量化しやすい要素が多いため、ヘドニック調整をかけやすい。しかし、例えば「今の野菜は昔の野菜のように美味しくない」と言って、「●●さんの作った特別な有機野菜」などを購入する人々も多い訳で、食品の「美味しさ」(あるいは手を抜くことによる「不味さ」)に品質調整をかけることは困難です。ましてや、記事にある「サービスの質」は、品質調整はほぼ無理でしょう。

また、ヘドニック法による品質調整時代、恣意性を完全に避けることは困難です。例えば、PCの処理性能が10倍になったら効用が10倍になるのかと言えば、現実には、古いPCを持ち続けていても今のソフトの多くが十分動かせないため、仕方なくPCを買い替える人々も多い。そう考えると、PCのカタログ性能通りに人々の「効用」まで増加している訳ではないかもしれません。また、PCやスマホは世界中ほぼ同じものが供給されている筈ですが、その価格変動は、品質調整のやり方の違いを反映し、各国間でかなり違っています。

さらに、品質調整の有無や方法次第で、各国の物価指数に相当大きな差が出るということです(日本の物価指数が帰属家賃の調整次第で大きく変わるというのは有名な話)。

これは特定の物価指数が悪いということではなく、全ての物価指数が避けがたい本質的問題です。重要なことは、問題を十分認識した上で、物価指数の特定の数値に過度に拘るのではなく、他の経済変数も踏まえながら幅を持って指数を捉えることだと思います。
なお、東大の渡辺先生らは「公式物価指数はインフレの実態をどこまで反映するか」と題した論文で、CPIには実際のインフレを過大評価する傾向があることを確認しています。
日常生活の中で、インフレを意識するということはありません。が、このレポートにあるように、「同じ費用を払って、少しだけ満足度の下がる経験を買うこと」もまた、インフレだとすれば、コロナ後は行動制限や時間制限などで、こういう状態が日常化しています。

はやく自由にのびのびと生活できる環境になってくれることを望みます。そして、日本が正常なインフレに転じることを。
人材不足からレストランやホテルのサービスの質が下がっており、インフレが過小評価されてるとのこと。知らなかった!!
サービス品質の低下を勘案すれば、インフレ率はもっと高いのではとの問題提起。逆に、品質が上昇しているサービスも多いので(携帯通信サービスとか)、インフレ率はもっと低い可能性もあります。
人手不足問題は賃上げだけでは解決しないというのは、とてもよく感じます。エンジニア・看護師・トラックドライバー・保育士などは、人手不足が深刻だとされていますが、給料を上げたら人が集まってくる訳ではない。人材育成には数年かかる。短期的には需要を引き下げることで調整するしかない。今の需要に対応出来る体制は社会全体で整っていない。いったん調整局面に入ることで、貴重な資源を使っている不必要なサービスなどは淘汰されるべき。なので、もう利上げは待った無し。
日本はデフレだと言われ続けてきたけど、実際には質の低下という側面でインフレが起きているということだよね。価格以外の要素も考慮した新たなインフレ率を定義しないと日本の現象を捉えることは難しそう。

中国製の互換製品が公式の製品より安いのが、安全回路などを省いた粗悪品であるのと一緒。

【マキタ】互換バッテリーの闇を暴く。セル電圧を個別監視をしていないので過充電→発火する可能性がある。
https://www.youtube.com/watch?v=a_YABeU2qAc&t=1s
異常なデフレの是正や、サービスはタダであるという幻想を是正するという意味ではインフレは良いことです
ファストフードも価格に比べて、量的に明らかに劣化しているように思える。安い、早い、うまいは過去のもののよう。