新着Pick
696Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>グローバルコンテンツを作るには、キャッチーな部分だけではなくて、上位概念の「文化的コード」のところで伝わることが必要

正にその通りですね。黒澤明監督の映画が海外で高く評価されたのも、侍映画という、欧米から見たらキャッチーな物語に西部劇の要素を取り入れて、普遍的な作品に仕上げた点が大きいと思います。

>例えば、日本独特の企業文化を描いた『半沢直樹』を海外の人が見たら、「(半沢直樹が)会社を辞めればいいのに」と思われるだけで、物語の意味がなかなか伝わらない

ここもクスリと笑いました。うちの子どもたちも同じ感想を漏らしていました(母親が傭兵稼業なので)。
明石ガクトさんの分析は面白いですね。
ネットでたくさんのアイディアに触れられるようになっているのでアイディアよりも実行力が問われるわけだ。
「今際の国のアリス」(日本製作)も見ました。なぜなら「イカゲーム」はどうも日本の劇画のパクリではないか、と批判する声もあるようだから。
 たしかにアイディアは盗みとっているところもあるが仕上がりは似て非なるものといえます。

 いつもの僕の持説ですが、「今際の国のアリス」は結局、テーマがなく出てくるのはただの友情や恋愛に過ぎず、「公」につながる契機がいっさいない。それに対して「イカゲーム」がエンタメでありながら世界から受け入れられているのは、ハリウッドのアカデミー受賞映画のようなシリアスな要素を組み込んでいるからだ。「私的」感情よりも「構造」が描かれている。

 明石ガクトさんの指摘するキリスト教の世界観(ヨーロッパが近代をつくったのだから当然、世界はその文脈に支配されて動いている)を構造的に組み込んでいる物語が国境を超えた要素だろう。
(韓国はキリスト教徒が日本の創価学会ぐらいの比重でいると言われていますからそもそも信仰の根付き方も違います)。

「イカゲーム」は、韓国の格差社会の様相を、流行りのゲームに引っ掛け描いていて、格差を描く点では「パラサイト」と共通点があり、客を引っ張っていくやり方は「愛の不時着」のように巧みです。

日本の劇画はこれでもこれでもかというさまざまな新しい思いつきで競い先行したが、このままなら(私的な世界の空回り)たぶん行き詰まり、普遍的なテーマを設定できる韓国や中国やハリウッドにさらわれてしまうだろう。
 
 この2つとも、岸田首相の演説が空疎で退屈と感じたときの暇つぶしにどうぞ。
キリスト教の要素が含まれているという点は、2021年アカデミー賞作品賞にノミネートされ、ユン・ヨジョンが助演女優賞を獲得した「ミナリ」にもふんだんにちりばめられています。同作品は韓国系の移民史という話しだけでなく、キリスト教的な価値観が含まれている点に焦点をあてた評論があります。

こちらのほかに、もう一つ、聖書の出典まで遡った論評を映画評論サイトでみたのですが、みつからず。
https://eiga.com/movie/94385/review/02532219/

こちらは、韓国移民社会におけるキリスト教の重要性の視点を含めて解説したもの。
https://wired.jp/2021/03/31/minari-review-ikeda/

他方、韓国文化に詳しい伊藤順子氏はキリスト教的要素の強調は、必ずしも国内ではプラスにならないという指摘もしています。
https://shinsho-plus.shueisha.co.jp/column/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%80%81%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%B4%A0%E9%A1%94/13786/4

また、こちらは非常に深い韓国映画評論をしているチェ・ソンウクさんによる評論で、キリスト教的要素には触れず、韓国国内の視点からの評論。
https://www.cyzowoman.com/2021/04/post_334951_1.html

どの評論にも一理あり、こうした多角的で深い解釈を呼ぶところが、最近のグローバル市場に出てくる韓国映画やドラマの強みではないでしょうか。

ちなみに、私は、「イカゲーム」は、昨日のハンナさんの評論の通り韓国的要素をクリアに出しつつも、韓国だけでなく世界各地でも似たような格差などの課題があり、その共感がスマッシュヒットのベースにあると思います。「椿の花咲く頃」は逆に韓国文脈が非常に強く、国内最高峰の百想芸術大賞を受賞したことも頷けます。「イカゲーム」とは対照的に「椿」や「海街チャチャチャ」のような悪人要素がないドラマももう一つのトレンドと言えそうです(椿は若干悪人あり)。
これは学術研究にも当てはまる気がする 生意気な発言かもですが、、

>> そこで、どう差別化するかというと、「実行」のところしかありません。その部分に強い韓国コンテンツからは、もっと学んでいかなければと思っています。
イカゲーム、アフリカのネットフリックスでも1位なんです。全世界で1位をとったのだから当然ですが。アジアのコンテンツが上位に来たことなんて一度もないのに。。

ケニアで見た人に聞いたら、みんなコロナでさらに生活が苦しくなっているところ、ローンに追われる人達が一攫千金を目指すという設定に共感がわいたのだと語っていました。どうにもならない生活の苦しさ、そこから抜け出すことに目がくらんでしまう。。というのは、とても普遍的なのでしょう。

私も一応全部見てみて、それほど面白いと思わなかったのですが、それなのに俳優の演技の上手さ、演出のテンポの良さ、セットの豪華さにほだされて最後まで見てしまいました。コンテンツをしっかり料理できて深みを出せる、そういうところが、韓国ドラマの強いところですね。
韓国と日本、お隣の場所で人の交流も盛んで、似たところもたくさんあるなか韓国のドラマとか資料を見てて違いを感じるところが宗教です。
韓国のコロナ対応の資料をみてると、集会の規制で宗教施設での集まりの規制が最初の方に出て来るんですよね、それくらい宗教との関わりが身近な国なのかなぁとかんじていました。

韓国は有宗教が4割で、その中ではキリスト教を信仰する人が最も多い国。欧米諸国と韓国が共有できて日本が難しいポイントはきっと宗教的背景なのかな?と感じることが多かったので、今回の解説はしっくりきました。
(有宗教4割のうち、プロテスタント45%、カトリック18%とあり、仏教35%とありますね)
https://m.korea.net/japanese/AboutKorea/Korean-Life/Religion
グローバル展開を考えてアイデアを具現化していくプロセスが必要。それがグローバルな共感につながるのだということがよくわかりました。
フツーに韓国ドラマや映画をずっと観てきたものからすれば、「イカゲーム」の最大の収穫はチョン・ホヨンです。
私からは以上です。
結局、多くの人が理解できるのは、新しいアイデアより、ありきたりな時代劇ってことだよねー。

キリスト教モチーフといえば、押井守がイメージシンボル辞典を使って様々な象徴/連想を作品に埋め込んだことが有名。最近だとプラットフォームという作品が、監獄ビルにあるエレベータの階数という数字に様々な意味を埋め込んでた。

ハイコンテクストの日本とは違って、ローコンテクストの国で理解される作品を作るには、水戸黄門の印籠が必要なのかもね。

かつて宗教画の様にが字の読めない人に教義を伝えるものであって、特定の人物にはその人を象徴させる物を持たせたり。一方で現代アートは印籠がなくなった代わりにハイコンテクスト化してきた。

現在は世界の教養水準が低すぎて、宗教画が流行する時期なのかもね。
この連載について
カルチャーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
32.6 兆円

業績